oneday with freakshouse

大好きな洋服を
とことん楽しむ家、暮らし。

8歳にして洋服の楽しさに目覚め、今でも「洋服が生活の中心」とまで語る小笠原さん。壁一面の大きなクローゼットなど、FREAK'S HOUSEの特徴を活かした、大好きな洋服を思い切り楽しむ暮らしとは?

people/主な登録人物
小笠原 希帆さん / FREAK’S STORE プレス

フリークスストアの店舗勤務を歴て、現在は本社でプレスとして活躍中。古着と読書とハーゲンダッツが大好き。2017年7月には自身のブランド「#Freada(フリーダ)」をリリース。

ONE DAY with FREAKSとは?

ライフレーベルとフリークスストアのコラボレーションで誕生した規格住宅「FREAK’S HOUSE」を舞台に、フリークスストアのスタッフが楽しむ、ある日の暮らし。

FREAK’S HOUSEについて

大好きな洋服を
徹夜で考える8歳。

洋服に興味を持ったのは8歳の時。周りの友だちはみんな上の兄弟がいて、NIKEとかPORTERとかをお下がりで持ってるんですけど、私にはそれがありませんでした。それでも自分だけダサいのは絶対イヤだったから、お母さん手作りの、山吹色や藍色の服をいかにオシャレに組み合わせるかに命を賭けてました(笑)。一晩中コーディネートを考えて、寝ずに学校に行って・・・。その頃からもう、服屋になることに憧れはあったんだと思います。

洋服はできるだけハンガーで収納すると、
見やすく手に取りやすい。
珈琲を淹れながら、穏やかな時間も。

自分らしいコーディネートで、
洋服を楽しむ。

明日、1週間コーディネートの撮影があるので、今日はその準備です。起きてまず洗濯機を回して、朝ごはんを食べたら、牛乳をたっぷり入れたカフェオレを飲みつつ戦闘モード(?)に入ります。と言っても、洋服と触れている時間は今でも本当に楽しいんですけどね。商品を使いながらも古着と組み合わせてみたり、自分らしさがちゃんと出るように心がけています。
FREAK’S HOUSEの2階にあるシェアスペースは、大きなクローゼットがあったり天窓からいい自然光が入ってくれたり、コーディネートをあれこれ考えるには最高の場所ですよ。どことなく屋根裏部屋みたいなこもり感がありながら、1階で過ごしている人の様子がなんとなくわかる。家族のそんな距離感って、すごくちょうどいいと思います。

みんなとでも、ひとりでも、
居心地のいい家。

午後からは、会社の同僚が生まれたばかりの赤ちゃんを連れて遊びにきてくれました。ダイニングテーブルでオヤツを食べながらおしゃべりするのも楽しいですけど、天気がよければ庭のウッドデッキに出たくなっちゃいます。すごく特別なおもてなしよりも、こういう自然体なゆるいムードが私にはしっくりくるんです。
リビングも、窓がすごく大きいから、明るいし居心地がよくて。読書にも思いっきり没頭できますね。大好きな江國香織さんの作品は洋服の描写がすっごく鮮やかで、作中のコーディネートをこっそり再現してみることもありますよ。ほとんど失敗しますけど(笑)。

庭のグリーンを眺めて、かるく一息。

other articles

この他の記事

庭を囲んで仲間と過ごす、
アフターサーフを楽しむ暮らし。

柴田 恭亨さん / F LABO ディレクター

海から戻った週末の午後、柴田さんに招かれてFREAK'S HOUSEに集まったのは、同じくフリークスストアで働く仲間とその家族たち。仕事ではもちろんプライベートでも付き合いの深いメンバーだからこそ、「肩肘張った感じにはしたくない」と柴田さん。庭やリビングを中心に、自然と“セッション”が生まれる、充実したアフターサーフの過ごし方とは?

記事を読む

FREAK’S HOUSEについて詳しく知りたい方は、
TOPページからご覧ください。

TOPページに戻る

家の間取りなど、より詳しい情報はこちら。

住宅商品のパンフレットご請求はこちら。

store site

スタイリングで使用している家具・雑貨はこちらよりご購入ができます。

掲載画像はイメージです。表示イメージは実際の商品と異なる場合がございます。
掲載商品に関する付帯費用につきましては、地域、気候、その他の理由により変動することがございます。
内容につきましては施工エリアの代理店にてお問い合わせください。
仕様内容は諸事情により、変更となる場合がございます。
※1 掲載価格については、消費税を含まない商品本体の価格であり建築する際には付帯工事や登録に係る手数料等、別途費用が必要となります。
※2 家具・調度品・植栽等は本体費用に含まれておりません。
Copyright © 2017 BETSUDAI. All Rights Reserved.
loading