LIFE LABEL Magazine

戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
飾ること 暮らすこと

この記事をシェアする

「グッと来た!」

#フリークス ストア プレス 小笠原 希帆

インテリアスタイリストや、セレクトショップのキーマン、クリエイターなど、さまざまな分野で活躍する「ライフスタイルのつくり手」をゲストに迎え、「飾ること」「暮らすこと」にまつわる、とっておきのアイデアや工夫を紹介していただく連載コーナーです。

こんにちは!
すっかり秋めいてきましたね。
今回は、最近のわたしの「グッと来た!」ことを紹介しようと思います。

まずはこのニット。
FREAK’S STOREで展開中のニットブランド『Maiami/マイアミ』。
ドイツ・ベルリン発のニットブランドで、全ての商品がニット職人による手編み!
この見るからに柔らかそうな、編みの甘い感じがたまらない。
ニットのしたにタンクトップを着て、透かすのがマイブームです。

そして、デニムでもスカートでも合うのが良い!
甘い雰囲気のニットなので、スカートでもスリットが深く艶感のある
辛口スカート×VANSスニーカーだと相性が良いんです♪


つづいて、最近インディアンジュエリーが再燃・・・!
いっときのマイブームが去り、ゴールド系アクセサリーに傾倒したときもあったのですが、やっぱり、FREAK’S STOREと言えばシルバージュエリー!
好きが高じて、Freadaでも仕入れられるようになりました!

選ばれしものたちがこちら。
すべて一点モノ!
やはり大きめ主役級が気になります。
これらは11月17日からFREAK’S STORE店舗に並びますので、お楽しみに♪

次は、こちらのバッグ。
LAに住む会社の先輩が、はるばる海を越えてわたしにプレゼントしてくれました。
言わずもがな、(何度かご紹介させていただいている)わたしのブランド「Freada」(フリーダ)アイコンのメキシコの女性画家“フリーダ・カーロ”のオマージュ・・・
「Freada頑張れよ!」という先輩の粋なプレゼント。
メールなどの‘文字’で応援されるよりずっと「グッ」と来ます。先輩かっこいい!!

最後は、最近出会ったごはん屋さん!
中目黒にある「東京台湾」さん。
魯肉飯(ルーローファン)には厳しい私ですが、ここのは大合格!!!
みなさん、魯肉飯、ご存知ですか?
細切れにした豚肉を、台湾醤油、米酒 (お米で作られた酒)、砂糖、油葱酥 (揚げた赤ねぎ) で作った甘辛い煮汁で煮込み、煮汁ごと白いご飯にかけた、台湾の煮込み豚肉かけ飯のこと。
本場では国民食で、朝昼問わず皆さん食べているのですが、なかなか日本では本物に出会えない・・・・
でも、ここは本物に近い!!都内イチだと思います。
あとは、シュウマイと水餃子がおすすめ♪
シュウマイは、潰したジャガイモが入っていて、それが餡のように甘く美味しい!
水餃子は、例にもれずもっちもちの肉汁ジュワー!っでたまりません。
などなど・・・・本場に近い味を堪能できる、私に「グッ」と来たごはん屋さんです。


というわけで、今回は「小笠原グッと来た!」シリーズでした。

また次回よろしくお願いします!

小笠原 希帆– KIHO OGASAWARA
小笠原 希帆– KIHO OGASAWARA
FREAK'S STORE PR兼Freada ディレクター。長年FREAK'S STOREのプレスを務め、2017年7月Freadaスタート。古着のなかでもエスニックなワンピースがなによりも好きな32歳。「フリーダを通して、トレンドに左右されない芯のあるお洒落女子を増やしていきたいです。」
FREAK'S HOUSE
FREAK'S HOUSE
コンセプトは、“つながる(=セッション)を楽しむ家”。さまざまなスタイルにあった暮らし方を提案する住宅ブランド「ライフレーベル」とアメリカンライフスタイルを軸に展開するセレクトショップ「フリークスストア」がタッグを組み、家族や仲間、自然とのゆるやかなつながりを生み出す空間をデザインしました。

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています