LIFE LABEL Magazine

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

LIFE LABELオリジナルグッズ

#001 ドライベジタブル

大分の古民家カフェといっしょに作った、食のシリーズ第一弾。地元のこだわり農家さんが育てる、季節の野菜を詰め合わせたドライベジタブルです。うまみと甘みがぎゅっと凝縮!長期保存ができる上、汁もの、煮ものとアレンジはさまざま。おいしい野菜を、気軽に体に取り入れて。

大分県大分市。私たちのホームでもあるこの町で、もっか噂!の古民家カフェ「ヤドカリカフェ」さんといっしょに作った、地元仕込みのおいしいもの。これから、みなさんにご案内していきますからね。

まずご紹介したいのは、ドライのミックス野菜です。

のどかな風景が続くなか、のんびりたたずむ「ヤドカリカフェ」。時を経て趣たっぷりのおうちを、おしゃれでかわいい三姉妹が改装。この地に根ざし、おいしいものを届ける場として引き継ぎました。

もとあった佇まいのよさは守りつつ、ドライフラワーやヒンメリをあしらうなど、現代的なセンスをミックスした空間がステキです。

ここでとりわけ評判なのは、ピタパンのランチプレート。地域の完全無農薬でがんばる「ヒナゴファーム」さんが作る、とれたて野菜がふんだんに入っています。「おいしい野菜で、おなかいっぱいになる幸せ」を感じずにはいられません!

これら地元で作るお野菜の、体がよろこぶおいしさを、もっと気軽に、たくさんの人に体験して欲しい。そんな思いから生まれたのが、こちらのドライベジタブルなのです。

たまねぎ、にんじん、だいこん……その時期に採れた旬の野菜を、すぐさま切って乾燥。そうすることでうまみが凝縮され、歯ごたえも断然よくなります。

まずはぜひ、お味噌汁で試してみて欲しいです。まずは数時間、水で戻します。その戻し汁ごと使って、味噌とほんの少しだしを加えて仕上げます。ひとくち飲むと……すっごく甘い!お野菜自体のだしもじゅわっと染み出て、ほんとうに、びっくりするほど。

あとはスープ、カレーなどの煮物、あえもの、サラダにと、何にだって使えます。

もちろん、長期保存もOK。忙しくてなかなか買いものに行けなくても、これさえ常備しておけば、本当に重宝します。

またパッケージは、今回のためにデザインしたオリジナル。ギフトとしてもお使いいただけるよう工夫を凝らしました。

九州のおおらかな人柄さえ感じる、うまみ甘みたっぷりのお野菜を、ぜひ一度お試しください。

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています