LIFE LABEL Magazine

戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
商品開発プロジェクト

この記事をシェアする

LIFE LABELオリジナルグッズ

#002 トートバッグ

働いて、結婚して、子どもが生まれて……ライフステージが上がるたび、持ち物へのゆずれないポイントが増えていく。直感的に買うのではなく、使い心地や素材など、本質的な価値と向き合いたい。そんな方に使ってほしい、キャンバスのトートバッグができました。

洗いざらしのワードローブにしっくりくる、シンプルでナチュラルなトートバッグ。

どこにでもありそう?いえいえ、実はこれ、ただのバッグではありません。私たちの想いとこだわりが、しっかりとに込められているのです。


ご縁をいただいたのは、私たちの本社がある大分県大分市で昭和26年から営業している「佐藤防水店」さん。
ここは店舗や住宅の装飾テントやトラックシート、幌(ほろ)などを扱う会社。最近息子さんに代が受け継がれ、帆布の素材を使ったプロダクトを作り始めました。

トートバッグの良し悪しを決めるといっても過言ではない生地。アパレルや服飾のためではなく、産業資材を目的に作られたものだけであり、品質は「本気」のひとこと。
その特長は、置いてみるとたちどころに分かります。そう、ちゃんと自立するのです。

とくにボディや持ち手は、「国内最厚」と言われる2号帆布を使用。
普段はベルトコンベアの芯材として使われるなど、一般的な市場ではほぼ出回らないもので、さらにこれを織れる織機は国内でも数少なく、佐藤防水店でも現在のところ1台のみ。本当に貴重な素材です。

そんなタフでありながらも、触れてみると硬すぎないのがうれしいところ。
しっかりとしつつも、素材感にしなやかさがあるので、女性でもすんなり馴染むのです。

そしてデザイン。
これは私たちスタッフ何人かで、サンプルを交代で使ってみるところからはじめました。
各々で使い心地を検証し、改善したいポイントを話し合い、みんなの意見を持ち寄り「よし、これなら!」と、胸を張って言えるものとなりました。

大きさは、H30×W38×D12cm。
A4ファイルや13インチのPCを横向きにしてゆったり収納ができるほか、マザーズバッグとして、何かとかさばりがちなお子さまの荷物も受け止めてくれる、頼もしいサイズ感です。

持ち手は、女性が肩掛けしても、また手提げにしてもちょうどいい52cm。この絶妙な長さを決めるのにもこだわりました。

ステッチは複数選べる色の中から、帆布と同じ白をチョイス。
みなさんに長く使っていただけるよう、あえて潔く、かわいすぎないシンプルなデザインに仕上げました。

トートバッグの「あるある」なプチストレスは、中でものがごちゃごちゃになってしまい、とくに鍵やケータイなど小さなものが取り出せないこと。
その点、これは内外ともにポケットがついているので、ストレスフリーです。

そうしてようやく生まれた「LIFE LABEL」オリジナルのトートバッグ。サイズも複数展開予定ですので、お楽しみに!

※商品はLIFE LABEL取扱店にてご購入いただけます。詳しくはお近くのLIFE LABEL取扱店まで。

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています