LIFE LABEL Magazine

戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
飾ること 暮らすこと

この記事をシェアする

身のまわりのものは、ぜんぶお気に入りで。

#DIYer 久米まり

インテリアスタイリストや、セレクトショップのキーマン、クリエイターなど、さまざまな分野で活躍する「ライフスタイルのつくり手」をゲストに迎え、「飾ること」「暮らすこと」にまつわる、とっておきのアイデアや工夫を紹介していただく連載コーナーです。

「身のまわりのものは、ぜんぶお気に入りであってほしい」


毎日を暮らしていく上での、ほんのささやかな願いだったりします。
ほとんどの方がほぼ毎日使う、と言っても過言ではないパソコン。

毎日顔をあわせるものだからこそ、毎日連れ歩くものだからこそ、ずっと大好きでいたい。
そんなこんなで、思い立ったらすぐやってみたい!さっそくDIYしてみようとある場所へ向かいました。

向かったのは、大阪大正区にある輸入壁紙専門店「WALPA」。

日曜日のWALPAはファミリーで大賑わい!壁紙を前にキラキラの笑顔がいっぱい。
まるで服を選ぶかのように、壁紙が選ばれているその光景は、数年前には考えられなかったのかも…しれません。

天井までビッシリと並べられた壁紙たちをじーっと見つめながら…
「コレだ!」
1枚の壁紙と目が合いました、もはや運命の壁紙です。
切り売りしてもらえるので、1m購入しました。
壁紙を抱えながらほくほく、早くDIYしてみたくてウズウズ。

用意するものは
壁紙、剥がせる両面テープ、カッター

まずパソコン本体に剥がせる両面テープを丁寧に貼り付けていきます。テープ同士が重なってしまうと、デコボコになってしまうので重ならないよう気をつけながら。特に端っこが剥がれやすいのでキッチリ貼っていくと安心です。
次は壁紙をテーブルに広げて、どの部分を使いたいかじっくりと吟味。場所を決めたら、パソコンより少し大きめにざっくりハサミでカットし、そーっと壁紙を、本体にのせていきます。

しっかりと貼り付けたら、竹ベラなどを使い
ある程度パソコンのラインに沿わせクセをつけておくと、後々カットしやすくなります。

四隅のラウンド部分をキレイにカットするために…(ここが一番の難関かもしれません!)
あらかじめ放射線状に切り込みを入れておくことが、美しくカットするためのちょっとしたコツ。

刃を長めに出し、縦にして…パソコン本体に刃を沿わせながらスーーーーーーーッとカットしていきます。
ここで迷いながらゆっくりカットしたり、何度も止まったりすると、
切り口がギザギザになってしまい仕上がりがあまりキレイにはならないので(経験済み、しかも何度も)、むしろ思いきってリズミカルに♪
※カッターは必要以上に刃を替えながら(刃を折る)切れ味抜群の状態でカットすることでよりキレイなラインを出せるそうです。

できました!!
(Appleユーザーさんはロゴマークの切り抜きも忘れずに!これが意外にも難しくて集中力半端なかったです…)

毎日使うもの、毎日連れ歩くものだからこそ、お気に入りであってほしい。そんな願いを込めながら、ちょこっとDIYすることで、よりいっそう大好きになれるのだから不思議です。
いつものパソコンが、ちょっと違っていてとっても新鮮な気持ち!それだけでワクワクします。

身のまわりのものは、ぜんぶお気に入りが良い、なんて贅沢だけど。
そんな小さな夢は、DIYで叶えられる。

日常の中に小さな幸せ探しをするように大人になった今でも、大小問わず夢はいつまでもたくさん持っていたいなぁ、とお気に入りのパソコンを抱えながら今日も次のDIY妄想は続きます…。

DIYer 久米まり - MARI KUME
DIYer 久米まり - MARI KUME
2011年に独学でDIYをはじめ、その過程をアップしたDIYブログが大人気に。企業コラボ、著書多数の大阪在住、カリスマDIYer。

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています