LIFE LABEL Magazine

戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
#LIFE LABEL

この記事をシェアする

遊び心満載!LIFE LABEL子供部屋アイデア

規格住宅でも住み手によって暮らしのカタチはいろいろ。 間取りが同じだからこそ住む人の個性があらわれる規格住宅はまさにアレンジの宝庫! 新連載「#LIFE LABEL」では、いままでLIFE LABELマガジンで取材させていただいた、全国のお施主さまのオシャレな空間づくりを実例と共にご紹介! 今回取りあげるのはZERO-CUBEの子供部屋。思わず真似したくなる素敵な工夫が満載です!

「#LIFE LABEL」第一回目に特集するのは『子供部屋』!

ひと言に子供部屋といっても十人十色。お子様の発想力や知能力など、のびのびと育んでいって欲しいというご両親の願いや愛情がたくさん詰まっているように感じます。そこには、子供の年齢や性別に合わせたインテリアコーディネート術、収納のコツなどそれぞれのご家庭のアイデアがいっぱい!

今回は編集部が全国各地で取材してきたお施主様宅から厳選したステキな子供部屋をご紹介します!ぜひアイデアの参考にしてみてください!

#001.子供の好奇心を育むDIYアイテムたち

ご主人が本棚をDIYし「子供図書館」をつくったというT様宅の子供部屋。絵本はまるで書店のような陳列に!
お子さんの好奇心が刺激され、「ひらがな読みたい!」が口癖だとか。すっかり本好きになったそうで地域の図書館にも週1で通っているそう。友達が遊びに来たときも「絵本の部屋行く!」と言って、よく2階に上っていくそうです。

元保育士の奥さまが仕事での経験を生かしDIYしたという“ままごとキッチン”。自分がつくったアイテムで遊んでもらえると、喜びもひとしおなのだとか!

▼T様の暮らしインタビューはこちらから
「アレンジの余白を楽しむ。家族と一緒に「育つ」ZERO-CUBE。」

#002.思い切り遊んでほしいから、広さ第一主義!

"せっかくの戸建て。遊び盛りの姉妹には足音を気にせず走り回ってほしい。"
そんな思いから、2部屋をつなげてつくったという広い子供部屋。棚や物をすべて壁沿いに配置することで、より広々した空間にしているそうです。子供たちが成長したら再び2部屋に分ける予定だそう。

▼O様の暮らしインタビューはこちらから
「2つの「庭」を満喫する家。」

#003.ユニセックスな部屋は柄使いがポイント

姉弟でシェアしているというS様宅の子供部屋。
好みが偏らないよう、インテリアはユニセックスな柄をチョイス。散らかりやすいおもちゃ類は、大きなブラスチックのボックスにぽいぽい入れて簡単お片付け!ラグは子供が滑って転倒しないよう、滑り止めを付けるか、ソファーなど重めの家具を置いてズレを防止させる工夫をしているんだそう。

▼S様の暮らしインタビューはこちらから
「ZERO-CUBEでつくりあげた、家族が憩う趣味空間。」

#004.兄弟で部屋を共有するなら、ワクワクする空間づくりを

3人兄弟で一室を共有しているというN様宅の子供部屋。壁沿いには本棚とソファ型収納ボックス、中央にはラグとテーブルセット、そして窓際にはまるで秘密基地のようなキッズテントと、3つの空間にそれぞれが快適に過ごせる工夫がされています。壁材の木目と、テントのオールドアメリカンな柄がマッチして、カラフルなのにうるさすぎない色使いがお見事です!

▼N様の暮らしインタビューはこちらから
「自然体で楽しむ、宇和島ライフ。」

#005.ヴィンテージorナチュラルテイストでまとめる

ウッドとスチールを組み合わせた机をはじめ、シックな色合いの家具でヴィンテージテイストにまとめたM様宅の子供部屋。男の子が大好きな乗り物のおもちゃも、あえてしまわずに、おしゃれなヴィンテージコレクション風に並べています。

こちらは白を基調にしたナチュラルなテイスト。女の子が大喜びする“ままごとキッチン”も、木製だからナチュラルなインテリアに馴染んでいます。棚はカーテンをつけることで小物のごちゃごちゃを目隠し。子供用の家具は背が低いため寂しくなりがちな上方の空間は、おしゃれな照明器具とフラッグガーランドで楽しげに!

▼M様の暮らしインタビューはこちらから
「暮らすほどに味わえる、 ZERO CUBEの楽しさ。」

#006.自分でコーディネートすればもっと部屋が好きになる

好きなものに囲まれて過ごす幸せは大人も子供も一緒。ピンクのローテーブルと、最近インテリア雑貨として人気を集めている“ウォールフラワー”は、お子さん自ら誕生日プレゼントにおねだりしたのだとか。子供部屋の壁はキャンバス。額やガーランド、ウォールステッカーなどで自由に飾りつけさせてあげるのもステキですよね。

▼W様の暮らしインタビューはこちらから
「ベーシックな家だからこそ愉しめる、我が家のスタイル。」

#007.子供たちの好奇心を育てる黒板壁紙

黒板の壁紙に描かれたお子さんの絵が印象的なO様宅の子供部屋。「生活の変化に合わせて、私たちのカラーに染めていける家をつくりたかったんです」とおっしゃる通り、玄関をはじめ子供部屋の黒板壁紙には、季節やそのときどきの家族の出来事に合わせてお子さんがお絵かきをしたり、メッセージを書き合ったりしているそう。
家も明るくなって、お子さんの好奇心も育まれる素晴らしいアイデアですよね!

▼O様の暮らしインタビューはこちらから
生活の変化を映し出す「スケッチブック」のような家。

子供部屋アレンジのポイントとは?

子供がいきいき過ごせて、かつ大人が見てもおしゃれな部屋をつくるというのは簡単なようでなかなか難しいもの。
子供の成長に合わせて柔軟にレイアウトを変化させていくのも、子供部屋ならではですよね。小さいサイズの家具などすぐに買い換えるアイテムにはお金をかけず、ときにはDIYするのもアリかも!

そして、子供部屋づくりにはなるべく子供を参加させてあげることをおススメします!親子で楽しみながらアレンジした空間なら、子供はきっと気に入ります。ぜひ、自由な発想で遊び心いっぱいの子供部屋にアレンジしてみてください!

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはお近くの相談窓口まで。

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています