LIFE LABEL Magazine

category
飾ること 暮らすこと

この記事をシェアする

ZERO CUBE WAREHOUSEの
CMができますよー!

【後半】

「飾ること 暮らすこと」は、インテリアスタイリスト・大谷優依さんが、自らのライフスタイルを切り取って紹介してくれる連載企画です。話題のインテリアや季節にあわせたスタイリング方法など、見どころ満載!アイテムのセレクトやお部屋づくりの参考にぜひ!

ZERO-CUBE WAREHOUSEのCMが
いよいよ公開されました。

インテリア装飾を頑張った私としては、
皆さんにもっと見ていただきたい!!!

ということで、前半に引き続き、
CMセットを余すところなくご紹介していきます!

大きなライトが印象的なキッチン。

大きなライトが印象的なキッチン。

さて、こちらはキッチンです。
アイランドに続くテーブルが、ラフでカッコいい造りになっています。

印象的な大きなライトが目立つように。
置いている日用品は、ガラスや鉄や木など素材中心のものばかりです。

古い鉄のバスケット、アンティークのカトラリー、どっしりしたビアマグなど。



もしZERO-CUBE WAREHOUSEに住む人にオススメするとしたら、
四角いカゴや、筒型のボトルの間に、是非面白い形の物を置いて欲しい。

テーブルに置いたコーヒードリッパーは、
The Tastemakers & co.さんで買ったドリッパーなのですが、
理科の実験に使うような形で面白いんです。

The Tastemakers & co.さんで買ったドリッパー。

The Tastemakers & co.さんで買ったドリッパー。

オープンラックは取り出しやすいし、カッコいいのでとても魅力的ですが、
露骨にセンスが出てしまったりするので、お悩みになられる方もいるかもしれません。

私の場合、オープンラックはあまりごちゃ付かないように、
色が無いもので揃えていくのですが、
そうすると遊びが無くなってつまらないインテリアになってしまうので、
形の面白いものをアクセントに入れていきます。

どんなものでも雑貨としては面白いってことで、
石、海松、飲み終わったウイスキーボトルなども(ラベルがカッコいいものに限り)置いちゃいます。

オープンラックには形の面白いものをアクセントに入れていきます。

オープンラックには形の面白いものをアクセントに入れていきます。

そして、サボテンやソテツなどの乾いた印象の植物もオススメ。
この空気感によく合っています。
気分はLA!って感じですね。(行ったこと無いけど!)

サボテンやソテツなどの植物がよく合います。

サボテンやソテツなどの植物がよく合います。

こちらにもサボテンを。

こちらにもサボテンを。

気分はLA!

気分はLA!

撮影では、荷物を解いては設置。解いては設置。
まるで引っ越し作業。
1日から2日かかることもあります。


そうやって頑張って作った空間も、
15秒、30秒のCMでは、インテリアが映るのは一瞬。(泣)

撮影が終わってしまえばすぐに撤収してしまうのは悲しいですが、
完成した素晴らしい映像を見れば、
全ての苦労を忘れてしまうほど嬉しい気持ちになります。

解いては設置、解いては設置のまるで引っ越し作業。

解いては設置、解いては設置のまるで引っ越し作業。

これでますますCMが楽しみになってくださったはず!!
CMでチラっと映る数々のインテリアにも是非ご注目くださいませ。

大谷 優依 – YUI OTANI
大谷 優依 – YUI OTANI
多摩美術大学環境デザイン学科卒業。雑誌などのエディトリアルデザイナーを経て、インテリアスタイリストに。女性誌やライフスタイル誌、ブランドのカタログ、広告の世界でさまざまな空間演出を手がける。

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています