LIFE LABEL Magazine

戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

この記事をシェアする

バイク、ガーデニング、DIY・・・夫婦で楽しむ次のライフステージ。

#002 和歌山県Y様

LIFE LABELのスローガン「Hello, new fun.」。それは「ZERO-CUBE」の暮らしの中で全国のZERO-CUBERが新たに見つけた、夢中になれるコトや人生の楽しみ方。今回はお子さんの結婚・独立を機にZERO-CUBE+GARAGEを建てた、ご夫婦の暮らしぶりを紹介します。

+GARAGEで満喫するバイクライフ。

 「私が18歳のときに生まれた息子も結婚して、先日孫が生まれたんです。41歳で早くもおじいちゃんに昇格ですよ(笑)」
そうにこやかに話すのは、ZERO-CUBE+GARAGEに奥さんとふたりで暮らすご主人。子どもが手を離れ、新たなライフステージに入った今、おふたりはどんな生活を送っているのでしょうか。

 家に案内してもらうと、まず目に入るのが、+FUNのオプションで追加したガレージ。中をのぞいてみると、バイクとたくさんの工具が並んでいます。実はご主人、大のバイク好き。「今まではバイクを2台持っていたんですが、置く場所にいつも困っていて。だから、新しくつくる家にはバイクのためのスペースがどうしても欲しかった。今はこれだけ広いガレージが手に入って大満足。思わず最近もう一台新しいバイクを購入してしまいました(笑)。バイク仲間からもうらやましがられています」と嬉しそうに語ってくれました。

玄関からバルコニーまで広がる緑の庭。

 ガレージの上には、緑の芝生が広がるバルコニーが。このバルコニーをはじめ、玄関やリビングまで、たくさんの植物たちが訪れる人を出迎えてくれます。これらのガーデニングは奥さまの趣味によるもの。「小さな植物が、育てているうちに徐々に大きくなっていくのを見ると嬉しいんですよね。子どもが巣立っていき、時間にゆとりができた今、こうやってゆっくり植物の成長を見守るのが日々の楽しみなんです」と穏やかに話してくれました。

ふたりで楽しむ「DIY」という新たな趣味。

 ZERO-CUBEを建ててから、ふたりには一緒に楽しむ趣味もできました。それが「DIY」。玄関はご主人、ガーデニングは奥さまという役割分担で、少しずつ自分たちで空間に手を加えているのだとか。「DIYの資材やガーデニング用の植物は、ふたりで一緒に買いに行くんです。この家を建てる前は、主人はバイクばかりだったんですが、今は一緒に楽しめる時間が増えているような気がしますね」と奥さま。これからは、少しずつ植物を取り入れた外構をつくっていきたいとのこと。

年齢を重ねたからこそ味わえるfunがある。

 「たまに住まいについて息子と話すんですが、まだ若いからか、こだわりがないらしくて。でも、年齢を重ねたらきっと違ってくると思う。価値観も変わるし、自分の本当に好きなことや欲しいものに気付いてくる。だから自分は40歳というタイミングで家を建てられて、ちょうどよかったと思っています」とご主人は語ります。変化していくライフステージを楽しみながら、年を重ねた今だからこそ味わえるfunを大切にしているおふたり。このZERO-CUBEには、そんなご夫婦ならではの暮らしの楽しさが詰まっています。

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています