LIFE LABEL Magazine

戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
飾ること 暮らすこと

この記事をシェアする

もう服選びに困らない!夏のワンピースを着まわす方法

#フリークス ストア プレス 小笠原希帆

インテリアスタイリストや、セレクトショップのキーマン、クリエイターなど、さまざまな分野で活躍する「ライフスタイルのつくり手」をゲストに迎え、「飾ること」「暮らすこと」にまつわる、とっておきのアイデアや工夫を紹介していただく連載コーナーです。

ここ最近グッと寒くなってきましたね。夏の猛暑がウソのよう……。
私の働くアパレル業界では”寒くも暑くもない”というどっちつかずな気温より、実は「とても暑い」「とても寒い」ほうが洋服が売れるので嬉しくなります。(笑)

私はよく「洋服たくさん持ってるでしょう」と言われるのですが、意外とそうでもないのです。周りのお洒落な先輩方も、たくさん洋服を持っているというより ” 洋服の組み合わせ方 ” ” 着こなし方 ”がステキなので、お家にお邪魔しても「クローゼットここだけ?!」と思うことがしばしあります。
洋服の数が少なくても組み合わせ方を変えたり、着こなしを変えればたくさんのコーディネートが楽しめるのです。
というわけで、、

今回のお題は、夏に買ったワンピースを冬に着まわす方法です!

今年の夏はこんなワンピースが流行りました。
キャミソールタイプでロング丈。1枚で着られるラクチンなワンピース。色も生地も夏っぽいので、夏本番は大活躍なのですが、寒くなってくるとクローゼットの奥のほうについついしまってしまう方が多いと思います。ですが、このワンピース冬だって使えるんです。
ということで早速、着まわしてみます!

プラスするのはこのカウチンセーター。今回の着まわしの主役です。

夏に履いていたビーチサンダルをブーツにチェンジ!
ワンピースの下には長袖Tシャツを着て、上から冬らしいカウチンセーター。ポイントにファーの帽子もオン!
足元寒ければ下にタイツやデニムを重ねてもOK!
冬らしいアイテムを足すと、夏のワンピースも違和感なく着ることが出来ますよね。

どうでしょうか?
着まわしのポイントは見るからに“冬っぽい”アイテムをいれること。
このカウチンセーターなんて、まさに冬の代表格ですよね。

1パターンではあきてしまうので、もう1パターンご紹介。

最近こういうニット増えましたよね。
スリットがはいっていて、後ろが長く、前が短いニットです。私も何着か持っているのですが、実はこのニット結構使えるんです。
では早速着まわしてみましょう!

上からすっぽりニットを重ねて、ワンピースをスカートとして見せちゃいます!雰囲気がガラッと変わりますよね。
夏のワンピースは生地が薄く軽い印象になりやすいので、下にデニムを履いてもオシャレですし重たく見えません。
こういうニットは裾のリブが効いていないので、今日のような赤いボリュームあるワンピースの上でも難なく着ることが出来ます。

今回のテーマ「夏に買ったワンピースを着まわす方法」いかがでしたか?
皆さんのご自宅にも「夏服だからもう着れない……」「セールで買ったけど気付いたら寒くなって着れなくなっちゃった……」なんて洋服は眠っていませんか?せっかくお気に入りの洋服、通年通して着こなせたらバリエーションも増えてオシャレがもっと楽しくなるはず!
すでに眠ってしまった夏服たち、もう一度見直してぜひ着まわし実践してみてくださいね!

小笠原 希帆- KIHO OGASAWARA
小笠原 希帆- KIHO OGASAWARA
FREAK'S STORE PR兼Freada ディレクター。長年FREAK'S STOREのプレスを務め、2017年7月Freadaスタート。古着のなかでもエスニックなワンピースがなによりも好きな34歳。「フリーダを通して、トレンドに左右されない芯のあるお洒落女子を増やしていきたいです。」

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています