戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
#みんなのおうち時間

この記事をシェアする

趣味をシェアする、幸せな時間。
大好きな車と、ガレージがある暮らし。

暮らしを楽しんでいる人は、どんな風に家で過ごしているんだろう——? 『#みんなのおうち時間』では、暮らしを楽しむ人の “おうち時間の過ごし方” や、LIFE LABEL編集部がピックアップした “おうち時間を豊かにするアイデア” をご紹介。今回は、趣味の世界が広がるガレージでの過ごし方をお届けします。

ずっと夢だった! ガレージのある家に住むということ。

この家に住む夫婦にとって、「愛車を眺める・触れる」という欲求を満たしてくれるガレージは、なくてはならない大切な生活の一部。

大切な車をただ保管するだけでは勿体ない——。

部品や工具、オイル類、趣味のアウトドアアイテムが所狭しと収納されているガレージは、車好きの夫婦にとっては、まさに “大人の子ども部屋” なのです。

そんなお気に入りのスペースにこもり、ラジオでも聴きながら、車のメンテナンスをするのが定番の過ごし方。

最近はキャンプにも出かけるから、道具もたくさん揃えた。愛車を囲んで「次はどこ行こうか?」などとあれこれ悩むのが、何より楽しい時間です。

黒のアイアンをキリっと効かせたリビング。

<ZERO-CUBE+GARAGE> の主役はもちろんガレージですが、家族や仲間が集うリビングも気持ちの良い落ち着ける空間に。
無垢の床材は、長く住むほどに味わい深くなる、経年変化が魅力。お気に入りのダイニングセットに座り、家のレイアウトを考えたり、ゆっくりと食事をするひとときは、心がふわっとほぐれる時間が流れます。

工具やアウトドアアイテムがずらりと並ぶガレージとは雰囲気を変えて、リビングや階段まわりにはほとんどモノを置かず、ストイックに仕上げるのが鉄則!
あえて余白を残した、すっきりとした空間だからこそ、モノの輪郭が際立ち、その魅力が最大限に引き出されています。

リビングでも、ずっと愛車と一緒。

リビングでのんびり過ごしながらも、隣にいつでも愛車の “気配” を感じることが出来る間取りも<ZERO-CUBE + GARAGE>の自慢ポイントです。
時間を忘れてガレージにこもっていても、リビングにいる家族とガラス越しに繋がっていられる安心感もあり。夜は車を眺めながら、今まで訪れた場所の思い出話で盛り上がったり、これから行きたいところを話し合ったり。

趣味を通じて、家族と過ごせる時間。大切な人との “楽しい” が生まれるアイデアがここには詰まっています。

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています