戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
お助けDIY隊

この記事をシェアする

おうちで楽しむDIY流しそうめん

今回からスタートした『お助けDIY隊』では、日頃の悩みやウップンを、アイディアや工夫によって“FUN”に変えちゃおう!!という企画です。今回のお悩みは、LIFE LABELでカスタマーリレーション(以下CR)を担当している関根......。

自粛でおうち楽しむにももうネタが尽きた、、、

悩み相談をする関根。

悩み相談をする関根。

今回のお悩みは、在宅ワークや自粛で日頃のウップンが溜まりに溜まった、CR関根。普段はムードメーカーの関根も、ストレスが爆発しているよう....。


「夏のイベントも立て続けに中止。去年は屋上から花火を見ながら夕涼みをしたけれど、、今年はなにも楽しみがない!!」

「なにかお家で夏を楽しめるアイディアはない?!!」


実は関根自宅には、プライベートに使える屋上があるんです。



頭を絞って何やら良いアイディアを思いついたよう...

頭を絞って何やら良いアイディアを思いついたよう...

お助け隊のメンバーは、あれやこれやと関根にアイディアを提案。

『屋上』と聞き、なにやら良いアイディアを思いついたようです...。みなさん、写真のこのポーズ、なんだかわかりますか?


「夏といえば、涼しげに流しそうめんなんてどうでしょう?」

「竹を組んで、長距離流しそうめんコースを屋上に作りませんか?!」


ということで、今回のお助けDIY隊は、『夏を満喫!!屋上で楽しむDIY流しそうめん』ということになりました。

この提案に、インスタ女子の関根もニヤリ顔です....。

屋上でする、DIY流しそうめん!

そうと決まったら、竹を刈る。

竹取りチーム。準備は万端!

竹取りチーム。準備は万端!

まずは男性メンバー2名のご紹介!

左)法人営業 渡邉
 LIFE LABEL随一の筋肉バカ!!

右)WEBディレクター 石井
 一見何を考えているかわからないサイコパスキャラ。


本日はこのデコボココンビで、土台となる竹を狩にいきます!
場所はこれまたたまたまメンバーがもっていた"実家の竹やぶ”にお邪魔しました。工具を持たせるとサイコパス石井の不穏な笑みが....。無事、二人は竹を届けることができるのだろうか?!

良い竹を吟味する渡邉。

良い竹を吟味する渡邉。

実は初めてのチェーンソー、石井。

実は初めてのチェーンソー、石井。

竹は意外と重かった....。

竹は意外と重かった....。

初めての竹加工ながら、そうめんの器を作ったり。少し余裕も見えながら、無事に土台となる竹集めに成功しました!

次は、コース造りと屋上の装飾を。

続きまして一行は場所を移動し、関根宅の屋上へ。
ここから1名メンバー追加です!

左)インテリアコーディネーター 神谷
 最年少の期待の新人!


今回のコースの設計と、装飾は新人神谷が提案してくれました!
夏らしく、涼しげな簾とゴザを使って、日本の夏を感じる屋上空間を目指します。

そしていよいよ完成、、、というところで、関根がなにやらサプライズを用意。

なかなか真夏の屋上に上がってこないと思ったら、ステキにそうめんを盛り付けていたようです。そして何と言ってもこの浴衣!インスタ女子の本気度が見えた瞬間でした。

このサプライズには、炎天下で疲れ果てたメンバーもこの笑顔!!

浴衣での登場にメンバーもびっくり。

浴衣での登場にメンバーもびっくり。

別カットでもどうぞ!

別カットでもどうぞ!

流しそうめんまでは難しい、、、、というみなさんも、普段のランチのそうめんを、こんな形にアレンジして盛り付けてはいかがでしょうか?

今回使用したのは三輪素麺 みわのにじという、そうめん自体に色と風味のついた、とても可愛らしいそうめんを使用させていただきました。

みわのにじ

みわのにじ

器や、盛り付け方、そうめんの種類、薬味など、いろいろな工夫で、普段のそうめんにも楽しんじゃうのも夏の醍醐味ですよね!

いざ、放水!!

では、準備も整ったところで、いざ竹のコースに放水!!

最終点検中....。

最終点検中....。

いざ初めての放水。

いざ初めての放水。

うまく流れたようです。

うまく流れたようです。

途中溢れるハプニングなどもありながらも、意外とスムーズに水が流れました!

この瞬間は、お助け隊メンバーの疲れも吹っ飛び感動の瞬間となりました。


今回屋上に水道を引けなかったため、ペットボトルで水を流していますが、これもこれでお互い掛け声をかけながら、和気藹々とした流しそうめんが楽しめましたよ。

また、そうめん以外に変わり種としてこんなモノを流してみても.....。

水と一緒に流れるトマト。

水と一緒に流れるトマト。

橋でキャッチするのは至難の業。

橋でキャッチするのは至難の業。

そう、ミニトマト!!

水と一緒に転がってくるトマトを、橋でキャッチ!ゲーム感覚で楽しめるので、ワイワイ盛り上がること必至ですよ。

おつかれさまでした

おつかれさまでした

最後は「おつかれさま」のこの一枚。

炎天下の作業には、ミネラルと水分補給!暑い夏をお過ごしのみなさまも、熱中症にはくれぐれもお気をつけて、おうちでの夏を満喫してください。


今回は竹コースを作りましたが、巷ではプラスチック製の電動流しそうめん機などもうられておりますので、お気軽に楽しみたい方々はそちらもおすすめです!


まだまだ続く暑い夏ですが、みなさんの過ごし方もぜひ教えてくださいね。

インスタグラム『#LIFELABEL_FUN』でお家での楽しみ方を募集しています。

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています