戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
FAN FUN スマホ写真部

この記事をシェアする

リビングで素敵なスマホ写真を撮る方法♪

LIFE LABELのスタッフが、スマホを使っておうちで雰囲気の良い写真を撮るためのコツを講師の方に教えてもらう連載企画「FAN FUNスマホ写真部」!

今回は、おうちの中心である「リビングで素敵なスマホ写真を撮る方法」をご紹介します♪
ソファやローテーブルなど大型のインテリアが多くて、いつも写真が同じようなアングルになってしまう…とお悩みの方、ぜひご覧ください!

今回スマホ写真を教わったのは、この方!

中野 晴代 - HARUYO NAKANO
中野 晴代 - HARUYO NAKANO
静岡県在住。会社員をしながらフォトグラファーとしても活躍中。旅の記録や美味しいもの、テーブルフォトをメインに撮影している。2019年6月に共著「インスタグラム商品写真の撮り方ガイド」出版。

多くのフォロワーを持つインスタグラマーであり、LIFE LABEL取扱店「オレンジハウス」さんのスタッフさんでもある中野さん。
今回もZERO-CUBEのモデルハウスをお借りして、素敵なスマホ写真を撮るためのコツを教えてもらいました!

①アングルに迷ったら、まずは部屋の四隅から撮ってみる。

中野さん:どこから撮影しようか迷ったときは、お部屋をぐるっと回って、四隅から撮影をしてみるのがいいですよ。
ここで大切なのが、光の向き。被写体に対してどの向きから光が当たるかで、写真の印象が大きく変わるので、一番いい向きを探してみてください。

ためしにLIFE LABELスタッフで撮影してみました。

ためしにLIFE LABELスタッフで撮影してみました。

おすすめは被写体に対し、横方向からのサイド光での撮影(左上・右上)。
一方、光を背にする逆光(左下・右下)は表情が見えづらくなってしまうので、おうちでの撮影にはあまり向かないようです。

②水平・垂直を合わせて撮る。

中野さん:リビングで写真を撮るときに大切なのが、水平・垂直を合わせて撮ること。実はリビングにはソファやローテーブルなど、直線のものが多いので、写真で見たときにちょっとした傾きが気になってしまうんです。

何気なく撮影した写真。

何気なく撮影した写真。

水平・垂直を合わせて撮影した写真。

水平・垂直を合わせて撮影した写真。

ソファやローテーブルのラインを意識しながら、水平・垂直を合わせて撮ることでで、一気に写真のクオリティが上がりました!

③空間全体がわかるように、少し引きで撮る。

中野さん:かわいいお子さんの表情を撮りたくて、ついつい画面いっぱいにズームしてしまいがち。でも、ここはあえて空間全体がわかるように少し引きで撮影することで、バランスが取れたおしゃれな写真になりますよ。

めいっぱいズームで撮影した写真。

めいっぱいズームで撮影した写真。

空間全体がわかるように引きで撮影した写真。

空間全体がわかるように引きで撮影した写真。

お子さんだけでなく周りの空間やおもちゃも一緒に撮影することで、写真に雰囲気が出ました。

【おまけ】お気に入りの場所だけクローズアップ。

新調したばかりのお気に入りのインテリアや、季節ごとに変えているスタイリングなど、リビングのお気に入りの場所だけをクローズアップしてみるのもおすすめです。
あとで見返したときに、その時しか撮れない、大事な1枚になるはずです。

本日のおさらい。

というわけで、今回の「リビングで素敵なスマホ写真を撮る方法3か条」は、

  • 1. まずは部屋の四隅から撮ってみるべし!
  • 2. 水平垂直を必ず合わせて撮るべし!
  • 3. 空間全体がわかるように、少し引きで撮るべし!

いかがでしたか☆

みなさんもスマホで写真を撮る際に、ぜひこの3つのポイントを意識してみてください。これまでとはまた違う、素敵な雰囲気の写真が撮れるはずですよ♪

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています