戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

立地も間取りも、夫婦のこだわりを実現!笑顔が絶えない理想の暮らし。

#105 静岡県A様

海にほど近い丘の上の一角に、アメリカンローカルハウスを思わせる外観のお家が。 室内インテリアもアメリカンヴィンテージ調で統一、立地も間取りも理想を実現したというA様ファミリー。室内で過ごす時間はもちろん、休日はお庭を使いめいいっぱい家族で遊ぶなど、日々充実した暮らしを実現できているそう。そんな笑顔溢れる暮らしぶりをのぞいてきました。

アメリカンテイストな外観と開放的な間取りに憧れて。

いつかは自分たちの家を建てたいと思っていたA様ご夫妻。奥さまの憧れはウッディな外観と開放的な作りが特徴のアメリカンテイストの平屋だったそう。「FREAK'S HOUSEを知ったのは何気なく見ていた広告がきっかけだったんですが、理想的な外観と、リビングとベッドルームが1階でL字になっている合理的な間取りを見てこれだ!と思いました。」と、奥さま。

リビング、ベッドルームのどちらからも庭を見ることができる間取りが決め手に。

リビング、ベッドルームのどちらからも庭を見ることができる間取りが決め手に。

一方の旦那さまは海が近いところに住むことが憧れで、また電車で無理なく通勤できることも条件に土地を探していたところ、海に近く、FREAK'S HOUSEが建てられる広さの土地が見つかり即決したそう。「この家を建てられることが第一だったので、夫婦共になじみのない土地だったんですが、海まで歩いて行ける距離にあったりとこの辺りの環境がとても気に入っています。」

こだわって探した黒いポストとアメリカンテイストに欠かせないロックガーデンが印象的。

こだわって探した黒いポストとアメリカンテイストに欠かせないロックガーデンが印象的。

夫婦の好きがまるごと詰まった、お気に入りの居住空間。

自分たち好みに手を入れた内装もいくつかあり、キッチンもそのひとつ。通常ではひさしの付いたデザインが特徴的なキッチンカウンターですが、吹き抜けからの日差しが多く感じられるように、またキッチンのタイルがよく見えるようにカウンター上部のひさしは外すことに。「タイルの色はふたりとも海が好きなのでブルーに決めました。」と、ご夫婦おふたりの好みで家づくりを進めていた様子が伺えます。

カウンターは収納スペースを確保するために棚を増やしてもらったそう。実はここ、旦那さまがお家の中で一番お気に入りという場所。「住んでから1年経ちますが、この場所が本当に好きで。のんびりお酒を飲むのが至福のひとときです。ほかにも階段の中段に腰掛けると、吹き抜けから部屋全体が見渡せるので、ここからリビングやダイニングを眺めるのも気に入っていますね。」

奥さまこだわりの階段下を活用したドレッサー。ディスプレイも素敵です。

奥さまこだわりの階段下を活用したドレッサー。ディスプレイも素敵です。

そんなキッチンの横の階段下には、奥さまお気に入りのドレッサースペースが。収納場所として使われることが多いこの場所を、パーソナルスペースとして活用していました。「これは絶対に作ると決めていました。キッチンのすぐ横で身支度もサッとできるし、少し離れた場所からここを眺めるのも好きなんです。」と、ご夫婦そろってキッチンエリアがお気に入りの様子。

ラフな質感のウエスタンレッドシダーの壁と天井、大きな観葉植物もアクセントに。

ラフな質感のウエスタンレッドシダーの壁と天井、大きな観葉植物もアクセントに。

また、ご夫婦共通してアメリカのテイスト好き。旦那さまは以前の愛車がアメ車だったりと、アメリカのカルチャーが好みだとか。そのため、家中のインテリアもアメリカンな雰囲気でまとめられていました。さり気なく飾られている鉢植えやアメリカの国旗など、細部に置かれた小物はレッドシダーの壁にも雰囲気ピッタリ。

「見学に行ったモデルハウスのインテリアがアメリカンヴィンテージで統一されていました。家具から小物まで、トータルでまるごとコーディネートされた雰囲気が気に入ったので、ほぼそのまま再現しました。」と奥さま。プロが選んだコーディネートをまるごと購入したことで、理想のテイストが現実になり大満足とのこと。

子どもたちがのびのび遊べる庭で毎日が充実。

L字に配置されたウッドデッキは、まるでリビングの一部かのように家と繋がっているので、家族みんなのお気に入り。子どもたちの絶好の遊び場にもなっていました。今は庭で趣味のBBQなどを楽しんでいるそうです。「人工芝は手入れが簡単で、ゴロゴロしても芝がつかないのでいいことづくめ。最近は家で頻繁にBBQをやるようになったので、焚き火ができるスペースも作りたいと思っています。」と旦那さま。

外遊びの道具は庭に設置したスツールに。

外遊びの道具は庭に設置したスツールに。

お庭でのBBQのお手伝いもバッチリ!

お庭でのBBQのお手伝いもバッチリ!

「目の届く場所で長女をのびのび遊ばせられたのは本当に良かったです。」と、お庭があることのメリットを教えてくれた奥様。
またスロップシンクも大活躍。「家に入る前に子どもの靴の汚れなどもサッと洗えるし、お湯も出るようにしているので、室内へ入る前に手洗いうがいを済ませられるので便利です。」と旦那さま。

スロップシンクからは水もお湯も出せるので、季節を問わず活躍。 

スロップシンクからは水もお湯も出せるので、季節を問わず活躍。 

子どもの成長に合わせてスタイルを変えていくのも楽しみ。

今は家で過ごす時間が一番というA様ファミリー。「子どもが産まれる前も夫婦でアウトドアを楽しんでいましたが、今は家族で、しかも自分の家の庭でBBQやキャンプができるし、スケボーや三輪車も思う存分楽しめるので充実しています。あとは家の中の観葉植物を少しずつ増やしていきたいですね。」と話すおふたり。

帰りたくなる理想の家ができたことで、家でくつろぐ時間が増えたというA様ファミリー。今後はお子さまの成長に合わせて、お庭での過ごし方やインテリアがどのように変化していくのかも楽しみですね。

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはお近くの相談窓口まで。

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています