戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
#みんなのおうち時間

この記事をシェアする

グリーンと、趣味と、大きな犬と。
ZERO-CUBE TOOLSに暮らす、夫婦のある日の物語(前編)

暮らしを楽しんでいる人は、どんな風に家で過ごしているんだろう——? 『#みんなのおうち時間』では、暮らしを楽しむ人の “おうち時間の過ごし方” や、LIFE LABEL編集部がピックアップした “おうち時間を豊かにするアイデア” をご紹介。今回は「住むが、一生の趣味になる。」をコンセプトに、暮らし始めてからも自分らしい暮らしや空間を作り続けることができる《ZERO-CUBE TOOLS》を舞台に、理想の休日の過ごし方をご紹介。

“楽しい” が詰まっている、シンプルな箱型の家。

「自分の空間を編集していくための “道具箱”」をコンセプトに、内装に関わるアイテムとアイデアを提供している『toolbox』と『LIFE LABEL』がコラボレートして完成した《ZERO-CUBE TOOLS》。

里山に佇む山小屋を思わせるラフなファサードですが、どっしりとしたタフさも漂わす。風雨にさらされることによって、味わい深くなっていく木壁の表情もこの家を楽しむ要素。

この家の住民は、夫婦揃ってグリーンラバー。自然に囲まれた心地良い生活を楽しんでいます。
いつもより遅く起きた、休日の朝。夫婦が最初にすることは、植物の成長をチェックすること。庭で育ったハーブをいくつか収穫して、ブランチのメニューを相談するのも楽しみのひとつ。

いつもより手間をかけた、贅沢ブランチを楽しむ。

庭で採れた季節の野菜やハーブを持って、キッチンへ。

使用するツール類は、フランスの蚤の市で購入した銅鍋やアイアンのフライパンなど、思い入れのあるものばかり。キッチンは対面式なので、パートナーや愛犬とおしゃべりをしながら、料理をするのも楽しい時間。

グリーンラバーにとってキッチンとは、ハントした食材を美味しくいただくための実験場のような場所。時間に余裕のある休日は、ゆっくりと流れる時間を楽しみながら、自由気ままに料理をする——。
「出来たよー!」の合図で始まるブランチタイムは、夫婦にとって心癒されるひとときなのです。

有孔ボードの壁は、好きなものが自然と集まってくる場所。

光が柔らかく回る空間でひときわ目を引くのが、階段脇の有孔ボードの壁。グリーン好きの夫婦にとって、ここは自由自在に個性を表現出来るキャンパスです。

植物を立体的にディスプレイしたり、種子や葉っぱの標本をヴィンテージの額に入れて飾ってみたり……。

どうアレンジしても様になってしまうから不思議! 木の温かみを感じる有孔ボードは、植物のグリーンとも相性がよく、優しくリラックスした雰囲気を演出してくれます。

昼下がりはリビングで、コーヒー片手にゆっくり過ごす。

ブランチを食べ終えたらリビングのソファに座り、寛ぎタイムのはじまりはじまり。

旅先でハントした植物、散歩中に拾ってきた松ぼっくり、窓辺に飾ったドライフラワー……。
部屋のあちこちに愛すべきグリーンをディスプレイし、空間を自分好みにカスタマイズしているふたり。好きに囲まれた寛ぎの場所では、時々まどろみながら音楽を聴いたり、読書を心ゆくまで楽しみます。

「次は何をしようかな? と考えている時が一番幸せ」

やりたいことはたくさんあるけれど、午後は趣味に集中出来る “秘密基地” で心おきなく楽しもう。夫婦の幸せな休日は、まだまだ始まったばかり。

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています