戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
家を楽しむモノ語り

この記事をシェアする

 

『家を楽しむモノ語り』Presented by LaLa Begin

家族との団欒も、一人の贅沢を堪能するのも、来客も、
料理も掃除も晩酌も、毎朝の寝起きも……
愛着ある空間にこだわり巧みな道具が加われば、
家での日常がまるでオンステージなムードで楽しめる!
刺激!? 熱狂!? 癒し⁉ 発見⁉……
わが家にかけがえのないエンターテインメントを――
そんなとき、相棒となるモノをLaLa Beginがセレクト!
毎回様々なテーマで3つのモノ語りをお届けします。

目覚めのONステージ

寒くて布団から出られない……ついゴロゴロと
スロースタートになりがちな冬の朝。
あれ? でも、急にお腹がすいてきた!
香ばしい匂いがキッチンからふわ~り。
思わずうずうずして、匂いに誘われるがままに
食卓に向かうと――ホットサンドの分厚い萌え断に
写真を撮りたくなるユニークな盛りつけ、
風味が気になる変わった色のモーニングティー……
賑やかなお出迎えに、思わず「おっ!」と声がでる。
朝一番に食卓上で奏でられる、
おいしく楽しい、目覚めのONSTAGE!!
朝食タイムを飾る絶好の3つのモノ語りとは?

vol.03

目覚めのONステージ

  1. 1. ホットサンドメーカー

    1ホットサンド
    メーカー

  2. 2. プレート

    2プレート

  3. 3. ティードリッパー

    3ティー
    ドリッパー

モノ語り 1

“アツアツ”の萌え断を
召し上がれ!

【 プリズメイトの
グリルホットサンドメーカー
PR-SK033 】

プリズメイトのグリルホットサンドメーカーPR-SK033

野菜や肉、魚、チーズなど、好きなものを自由にパンに挟んで焼いて、ほくほくの出来上がりを食べるのがホットサンドのおいしいところ。でも、欲張りすぎると厚くなりすぎて挟めない、という事態に陥りがち。そこでピックアップしたいのがグリル部分の「厚み」が魅力のホットサンドメーカー。具材満載で分厚いホットサンドの、“萌え断”だって簡単に楽しめる。さらに180度開き、ホットプレート使いもできるし、左右の面を別々に温度調節をすることも可能。目玉焼きにグリル野菜に……なんて、この1台で多様な朝食作りに没頭しているうちに、すっかり目も覚めるはず!

サイズ:縦202×横200×高さ160mm。重さ1800g。8778円(ライフオンプロダクツ)

プリズメイトのグリルホットサンドメーカーPR-SK033
ころんとした箱型のフォルムは
キッチンに置いておいても絵になる!
ホットサンドができたらそのまま
追加のおかず作りをすることも。
プリズメイトのグリルホットサンドメーカーPR-SK033
グリルプレートのほか、フラットプレート、たこやきプレート、蓋がセットに。蒸し料理やアヒージョづくりもできる優秀なマルチユース。

モノ語り 2

「おはよう」代わりの
美味しいメッセージを食卓に!

【 セラミックジャパンのChatプレート 】

セラミックジャパンのChatプレート

お皿は丸や四角でないといけない、なんて本当は決まってはいない。どんな形状でも、食事が盛りつけられればいいのだけれど、それがたとえばこんな吹き出しの形になったとしたら、意外にもそれだけで食卓はかなり楽しい! いつもの朝食が、急にメッセージの一部になる、この遊び心満点のプレートは、やきものの街、愛知県瀬戸市に1973年に創立した「セラミック ジャパン」のもの。そもそも平安時代からやきものの生産が始まったとされる歴史ある“瀬戸物”。これを今のスタイルにマッチするモダンな形で表現。優しげな乳白色とイエローの2色展開。卓上の華やぎアップ間違いなし!

チャットプレート(右/#6ホワイト)サイズ:縦22.2×横21.5×深さ1.7cm。3520円、(中/#5イエロー)サイズ:縦18.7×横16.8×深さ1.6cm。2200円、(左/#4ホワイト)サイズ:縦13.7×横16.0×深さ1.4cm。1650円(すべてセラミック・ジャパン)

セラミックジャパンのChatプレート
文字やイラストをどうデコレーションするか、
盛りつけを考えるのも楽しい時間。
セラミックジャパンのChatプレート
曲線や縁際など、細部まで滑らかな質感で上質さを感じられるのもいい。

モノ語り 3

お茶を淹れるのも
まるで理科の実験感覚

【 ハリオのティードリッパー ラルゴ スタンドセット 】

ハリオのティードリッパー ラルゴ スタンドセット

寝起き一番に身体を整えるため、はたまた朝食後、仕事前の一息に。いずれにしても“朝のティータイム”はその日一日をスムーズにスタートするための効果がある。そんな朝イチの一杯も、ちょっとワクワクさせてくれるのがこのティードリッパー。じんわり抽出されるお茶の様子がクリアに見える、理科の実験器具のようなデザインは“映え”度も十分。しかも、茶葉のジャンピングが起こりやすい丸型フォルムへのこだわりや、スイッチを押して抽出したお茶をピッチャーに注ぐ仕様、氷を入れればアイスティーも簡単に作ることができるなど、ディテールが充実。朝一杯の満足度も高いはず。

サイズ:幅170×奥行き134×高さ309mm。実用容量800ml。8800円(ハリオ)

ハリオのティードリッパー ラルゴ スタンドセット
綺麗な色のお茶が抽出されていくのを
見るだけでも、気分がすっきり!
ハリオのティードリッパー ラルゴ スタンドセット
スイッチを押すと、お茶がちょうどよく流れ出すスペースができる仕組みや、氷が飛び出さないよう工夫が施されたピッチャーなど、細部まで考え抜かれた作りのよさも魅力。
<掲載商品の問い合わせ先>
  • ライフオンプロダクツ 0570-080856
  • セラミック・ジャパン 0561-42-0182
  • ハリオ 0120-398-207

撮影=大見謝星斗 スタイリング=佐々木 誠 イラスト=SHOKO TAKAHASHI ロゴデザイン=大上戸由香(nebula) 編集=内田さやか

presented by LaLa Begin
「LaLa Begin」は”「ほしい!」が見つかるGOOD LIFE BIBLE”。快適で楽しい暮らしを実現する「コト・モノ・ライフ」の最新&レアな情報を、リーズナブルからプレミアムまで、濃密な解説とともに紹介するモノ&ファッション誌です。新連載『家を楽しむモノ語り』Presented by LaLa BeginがみられるのはLIFE LABALマガジンだけ!

InstagramInstagram

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています