LIFE LABEL Magazine

戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

新しい家にやってきた家族のアイドル!愛犬と過ごす、憩いの空間。

#067 福島県Y様

福島県のY様一家。ZERO-CUBEを建てると同時に家族に仲間入りしたのが、フレンチブルドックのベスくん。「家族みんながメロメロです」と、語るようにベスくんとの日々はとても充実しているのだとか。そんなY様一家に家づくりのストーリーを聞きました。

我が家にアイドルがやってきた!

じーっ……

玄関の前に立つと、どこからか感じる視線……ふと横のフェンスに目を向けると、お出迎えしてくれていたのは、フレンチブルドックのベスくん!なんともかわいらしいベスくんと一緒に、このZERO-CUBEに暮らしているのがY様一家です。

ベスくんは、一家が新居を建てたタイミングで家族に仲間入り。今は、ご主人の新しい暮らしの楽しみになっているのだとか。

「結婚して、子どもが生まれて、今までのようにアクティブに趣味に費やせる時間が少なくなった代わりに、家にいながら楽しめる何かがほしいなと思っていたんです。泣く泣くお気に入りの釣り竿を手放して(笑)、ベスを飼い始めました。」

今では、家族みんながベスくんにメロメロ。
ご主人も「今の生活の中心は、ベスですね!」と話します。

空間のアレンジは、Instagramからの“掘り出しもの”。

Y様の家づくりはご主人がリードしながら進めていったそう。若い時から釣りやサーフィン、スノーボード……アクティブで多彩な趣味を持つご主人が頭に思い描いたのは、サーフスタイルの家。

「初めはカリフォルニア工務店のサーファーズハウスのサイトに興味があったのですが予算が合わなくて……すると、ある日、僕の趣味を知っている同僚がZERO-CUBE MALIBUを教えてくれたんです。写真を見て一目惚れ!すぐに問い合わせをしました。」

最終的には、予算や土地の条件を考えて、間取りをZERO-CUBE、外壁と内装をZERO-CUBE MALIBU風にアレンジすることにしました。「せっかくなら個性的な家に住んでみたかったので、独特な四角い外観のZERO-CUBEはぴったり。しかもZERO-CUBEの考え込まれた間取りと、ZERO-CUBE MALIBUの西海岸テイストの内装を組み合わせられるなんてまさに『いいとこ取り』だなって思ったんです。」

特徴的な外観は、近所でも話題になっていたのだとか。「後から聞いた話ですが、近所の人はてっきり、ここにカフェか雑貨屋さんができると思っていたみたいです(笑)。」

玄関の扉を開けて家の中に入れば、穏やかな雰囲気が漂うサーフテイストの空間が広がります。「落ち着いたトーンの水色の壁紙をチョイスしたことで、サーフテイストだけどリラックスした空気感が出せたかなと思っています。」

そんなY様のアイデアの源は、Instagram。
「リビングの鉄骨階段や庭のアメリカンフェンスなどは、『これ、いい!』と思った、ZERO-CUBERさんのアレンジを参考にしたものなんです。Instagramを探りに探った、僕の努力のたまものですね(笑)。」

ご主人は、いくつもの事例の中から“掘り出しもの”を見つけるように、Instagramでアイデアの収集を楽しんでいるようです。

まだまだ我が家は進化中!

ZERO-CUBEに住み始めてから、ご主人だけでなく、家族の生活もガラリと変わったそう。

「キッチンが広くなって料理がはかどるようになりました。ZERO-CUBE MALIBUのように白いタイルを貼ったのも大正解でした!」
と、話すのは奥さん。実はママ友の間にも、ZERO-CUBERさんが数名いるようで、おうち談義で盛り上がることもしばしば。

娘さんたちはというと、庭で遊ぶ時間が毎日楽しくて仕方ないのだそう。

そんなY様一家には、次の展望が。
「本当は大好きなWTWの家具を一式揃えたかったけど、当時は予算が合わなくてオンラインで似たようなテイストのものを購入したんです。将来的には、今のものを少しずつグレードアップしながら、WTWの家具が似合う家にしていきたいですね!」

新しい家で、愛犬と暮らす新しい家族の日常……ZERO-CUBEをきっかけに新鮮な暮らしを満喫しているY様一家なのでした。

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはお近くの相談窓口まで。

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています