戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

直感を大切に。暮らしながら、家族色に染めていく家。

#083 千葉県K様

「家選びは、悩むことなく即決でした!」そう話してくれたK様ご夫婦。お子さんと3人で暮らす家には、ご夫婦の小さなこだわりや、「好き」がたくさん詰まっていました。いつも物事を直感で決めるというお2人に、K様らしい家づくりのヒントを聞いてきました♪

直観で決める、好みが一緒な”似た者夫婦”。

太陽の光を取り込む明るいリビング

太陽の光を取り込む明るいリビング

お子さんの成長とともに、自然と家を建てることを意識するようになったというK様ご夫婦。家を建てる前の約7年間は、アパートで暮らしていらっしゃったそうです。
「家を建てたいと思うようになったのは、息子の成長がきっかけでした。アパートは収納スペースが少なく、息子が大きくなるにつれて狭さを感じるようになって…自然と『広い家に住みたいなぁ』と考えるようになりました」と話してくれた奥さま。

「最初は建売の住宅も考えていたのですが、20棟くらい見ても自分たちのイメージに合うものが見つからなくて…建売なのに『この壁紙を変えたら、いくらかかりますか?』と質問してしまうほどでした(笑)」

お子さんのおもちゃなども、すっきり収納。

お子さんのおもちゃなども、すっきり収納。

階段も遊び場に。

階段も遊び場に。

そんな、家づくりにこだわりを思ったご夫婦の希望条件は、ずばり『おしゃれな家』。ZERO-CUBEに出会ってからは、倉庫のようなシンプルな外観が気に入り、取扱店に見学に行ったその日に、即決されたというスピード感でした!家以外に、車や家具などを購入する際も即決で、結婚式場に関しては、結婚を決める前から決めていたのだとか!(笑)
普段からご自身の「いいな!」と思う気持ちや「直感」を大切にされているからこそ、家づくりにおいても、迷うことが少なかったのかもしれないですね。

お互いの”好き”を詰め込んだ家づくりができた。

「2人とも好みが似てるので、家づくりでぶつかることはほとんどなかったです」と笑顔で話してくれた奥さま。
「外観を印象的なグリーンにしたのも、夫婦揃ってカーキが好きだから。壁紙も2人が好きなグレーを取り入れたり、車も2人が好きなベージュにしたり…家具も2人が好きなウッド調で揃えています」
Instagramなどから見つけてきたアイデアを見せ合っては「それいいね!」「やっちゃおう!」と、どちらかが我慢するここともなく、やりたいことを一つ一つ、楽しみながら決めたそうです。

ご夫婦が好きなグリーンでまとめた外観。

ご夫婦が好きなグリーンでまとめた外観。

グレーの配色が印象的な壁。

グレーの配色が印象的な壁。

家具やインテリアは、ウッド調で統一。

家具やインテリアは、ウッド調で統一。

そんな奥さまの趣味は、スヌーピーグッズを集めること。おうちの至るところにさりげなくディスプレイされたスヌーピーグッズが、ぱっと目を引きます。
「スヌーピー好きな母の影響で、小さい頃からスヌーピーが大好きなんです。なんでもハマると収集したくなる性格なので、今でもどんどんスヌーピーグッズが増えていっています(笑)。家のどこかにスヌーピーの壁紙を使いたいなと思っていたので、2階のトイレに使いました。実は本物の犬はちょっと苦手なのですが(笑)、家の中で大好きなスヌーピーをたくさん眺められるので、本当に癒されています…!」
現在は、奥さまの影響でご主人もスヌーピー好きとなり、ご夫婦共通の「好き」がまた一つ増えたのだそうです。

キッチンアイテムはスヌーピーで統一。

キッチンアイテムはスヌーピーで統一。

大好きなスヌーピーの壁紙を使ったトイレ。

大好きなスヌーピーの壁紙を使ったトイレ。

ご主人が家づくりで1番こだわったと教えてくれたのが、2階の吹き抜け部分にあるPCスペース。
「PC専用の部屋を作るには勿体ないし、リビングの一角だと子供が触ってしまうかもしれない…と思い、思い切って吹き抜けのスペースに作りました。目の前の大きな窓から外の森林の景色が眺められるので、ちょっとしたリフレッシュになっています」
そう話してくれたご主人は、お仕事柄、サッカーのユニフォームデザインをするなど、パソコンを使って何かを作り上げるのが好きで、今回家を建てる際も、PCで細かい部分までイメージ図を作成して、設計士さんにも見てもらったのだとか。

ご主人お気に入りの、PCスペース。

ご主人お気に入りの、PCスペース。

ご主人がデザインして友人に植栽してもらった外構。

ご主人がデザインして友人に植栽してもらった外構。

少しずつ、家族色に染まっていく家。

広々としたウッドデッキは、お子さんの遊び場にもぴったり。

広々としたウッドデッキは、お子さんの遊び場にもぴったり。

アウトドアの雰囲気が好きで、アウトドアショップに行っては、アウトドア用品を少しずつ買い足しているというご夫婦。
「キャンプ場に行くような本格的なアウトドアはしないのですが、『アウトドア風』の雰囲気が好きでアイテムを集めています。いわゆる『丘サーファー』みたいな感じですね(笑)」

玄関横のスペースに収納されたアウトドアグッズたち。

玄関横のスペースに収納されたアウトドアグッズたち。

そんなK様の休日の過ごし方は、ウッドデッキでのんびり過ごしたり、お子さんと一緒に外遊びを楽しむことが多いとのこと。
「アパートに暮らしていた時の休日は、とりあえずショッピングモールに行く…みたいなことが多かったのですが、家を建ててからは家でのんびり過ごすことが多くなりました。ウッドデッキにアウトドア用の椅子やテーブルを出してBBQをしたり、テイクアウトしてきたものを食べたり…キャンプ場に行かなくても、ウッドデッキでキャンプの擬似体験ができるので、家族で思いっきり楽しんでいます。おもちゃやプールを出して息子と遊んだりもできるので、おうち時間の楽しみ方が以前よりも増えました!」

ご主人は、洗車する時間も増えたそうで、
「息子も一緒に洗車してくれるんですよ。掃き掃除とか、色々手伝ってくれます。」
と休日を家族みんなで楽しんでいるK様ファミリー。

パパとママのお手伝い。

パパとママのお手伝い。

今後は、新しいことにもチャレンジしていきたいというご夫婦。
「グリーンが好きなので、育てやすい多肉植物から少しずつ増やしていきたいです。あとは、炭を使った本格的なBBQにも挑戦してみたいですね!庭や外構も少しずつ変えていきながら、今以上に快適に過ごせるような家にしていきたいと思います」とご主人。

「ありがたいことにZERO-CUBEを検討されている方から、Instagramを通じて質問をいただく機会が増えました!友達からは『そっくりそのまま建てて住みたい』と褒めてもらえることもあり、今はそれがすごく嬉しいんです。ZERO-CUBEは、暮らしながらそれぞれの家族の色が出せるのが面白いところだと思うんです。是非家づくりを楽しんでもらえたらなと思います!」と奥さま。
直感を大切にしながら、好きなことややりたいことをとことん追求するK様ご夫婦。これからK様邸が、K様たちらしくどんな色に変化していくのか楽しみですね。

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはお近くの相談窓口まで。

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています