戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

趣味の時間も、愛犬との絆も深まる!スカイバルコニーのある暮らし。

#094 兵庫県Y様

愛犬2匹と暮らし、ふたり揃ってキャンプ好きというY様ご夫婦。そんなY様のおうちには、アウトドアな楽しみがいっぱい。食事の時間を大切にするご夫妻ならではのこだわりも散りばめられ、趣味をエンジョイできる要素が詰まったY様邸は、インテリアもとってもおしゃれ。そんな今の家が「大好き!」というお2人に、愛着の湧く家づくりの秘訣を伺いました♪

ガレージ風の外観とスカイバルコニーが決め手!

以前は賃貸マンションにお住まいだったというY様ご夫婦。ご結婚から5年ほど経ったころに「そろそろだね」と戸建ての購入を決め、家探しを始めた当初からZERO-CUBEが気になっていたといいます。

「家を建てるなら、デザイン重視にしたかったんです。ZERO-CUBEのガレージ風な外壁を見て、『まさにこれ!』と思いましたね」と旦那さま。

そして最終的な決め手になったのが、バルコニーをプラスできること。旦那さまは当時を振り返り、「妻も僕もアウトドア好き。屋上にバルコニーがあれば、家でもキャンプができると思ったんです」と、嬉しそうに話してくださいました。

開放感もプライベート感も抜群!家の屋上がキャンプサイトやドッグランに!

Y様ご夫婦が選んだのはZERO-CUBE +SKYBALCONY。屋上に続く階段を上ると、そこには広々としたバルコニー!

「ここにテントを張って、キャンプテーブルとチェアを並べるだけで気分が上がります。妻と2人でコーヒーを飲んだり、友だちを呼んでサムギョプサルパーティーを開いたり、スカイバルコニーが大活躍しています。」

ランタンを灯して焚き火気分を味わう

ランタンを灯して焚き火気分を味わう

旦那さまがそう話すと「すごく開放的なのにプライベート感もあって、ここは私たちにとって誰にも邪魔されない場所。友だちとパーティーをするにも、遠慮なく盛り上がれるんです(笑)。声も食事のニオイも空に抜けていくから、ご近所迷惑にならなくて。」と奥さま。

ちなみにスカイバルコニーを満喫しているのは、ご夫婦だけではありません。お2人の愛犬、チャイくんと栗太郎くんも、この空間が大好きな様子!

「ドッグランに連れて行ったときみたいに、元気いっぱいに駆け回っています。バルコニーで遊ばせれば運動がわりになるので、忙しくて散歩に連れて行けないときにも助かっています。しかも、しっかり塀が高いから安心なんです。」

にこやかに話す旦那さまの表情から、スカイバルコニーで過ごす時間の楽しさが伝わってきます。

キャンプ道具の収納部屋は、インテリアもアウトドアテイストに。

そろってアウトドアが好きなY様ご夫婦。家を建てるにあたり、旦那さまが譲れなかったのが、キャンプ道具を収納するためのギア部屋を作ることだったそう。

「ここに引っ越した当初は道具もそこまで多くなかったんです。それがキャンプ部屋を手に入れたことで、趣味への熱が加速しました。道具が少しずつ増えていき、この部屋を作って正解だったなと、改めて思いますね(笑)。」と旦那さま。

オレンジのグローブがアクセントに。

オレンジのグローブがアクセントに。

ギア部屋の収納には、ミリタリーテイストのボックスや無骨なアイアンラックをセレクト。男っぽい雰囲気が漂い、旦那さまの趣味がひと目でわかるようなインテリアです。キャンプが趣味の人なら、うらやましくなってしまうはず!

愛犬ものびのび!2人の時間を充実させる、こだわり満載のLDK。

スチール階段の無骨さとシックな壁紙が絶妙にマッチ。

スチール階段の無骨さとシックな壁紙が絶妙にマッチ。

アウトドアなテイストのギア部屋から打って変わって、ご夫婦が2人で過ごすLDKのテーマは『シック&インダストリアル』。
いろいろな人のインスタグラムを参考にしながら、お好みのテイストをミックスしていったそう。

シューズラックにはアイアンフェンスの扉を追加。

シューズラックにはアイアンフェンスの扉を追加。

グレーの壁でシックに。

グレーの壁でシックに。

「もともと倉庫やガレージのような雰囲気に憧れていたんです。そこに居心地の良さを感じさせるウッドや落ち着きのあるグレーの壁紙、趣味のキャンプギアをインテリアとして散りばめた結果、大満足の空間になりました。」と旦那さま。

その言葉どおり、Y様邸のLDKは本当に居心地のいい空間。
居心地の良さをさらに増幅させているのが、LDKに漂うコーヒーの香り。旦那さまはコーヒーにもこだわり、なんと豆の焙煎からご自身でするというから驚きです。

カウンターのネイビーカラーもLDKのアクセント。

カウンターのネイビーカラーもLDKのアクセント。

豆は「FISTBUMP COFFEE ROASTARY」のもの。

豆は「FISTBUMP COFFEE ROASTARY」のもの。

休日は焙煎したての香り高いコーヒーを味わいながら、ご夫婦がソファに並んでゆったり過ごすのが定番。
お2人とも音楽や映画鑑賞が好きなことからテレビは壁掛けにし、スピーカーも高音質。ホームシアターさながらの気分を楽しめるとか!

コーヒー好きの旦那さまに対し、旦那さまが「僕の何倍も強いんですよ(笑)」と太鼓判を押すほど、奥さまはお酒好き。一日の終わりにはご夫妻でカウンターのハイチェアに腰掛け、晩酌タイムを楽しむといいます。また、カウンターは晩酌だけでなく、朝夜の食事にも大活躍。

「忙しい朝も、カウンターなら出来たての料理をサッと出すだけ。食器を片付けるにも効率的です。それにカウンターの天板をセラミック素材にしたのも正解でしたね。2人ともお好み焼きのような鉄板料理が大好きで、熱々の鉄板も直に置けるんですよ。」と奥さま。

バリケンネルのドッグケージは階段下のスペースへ。

バリケンネルのドッグケージは階段下のスペースへ。

そして、愛犬のチャイくんと栗太郎くんの部屋もLDKの一角に。グレーのケージが部屋の雰囲気に溶け込み、インテリアのようなおしゃれさ!

「引っ越し当初は、床や壁で爪研ぎをされたらどうしようとか、粗相をされたらどうしようとか、ちょっと不安もありました。でも、犬と過ごしていると床に物を置かなくなるんです。部屋を自然ときれいに保てているのは、愛犬たちのおかげです(笑)。」

笑顔で話す旦那さまの表情から、チャイくんと栗太郎くんも立派な家族の一員であることが分かります。

この家が大好き。だからこそ、家づくりそのものを楽しんでいきたい。

スカイバルニーで過ごすアクティブなひとときも、LDKで過ごすくつろぎの時間も、家という場所を存分にエンジョイされているY様ご夫婦。

旦那さまは「自分で言うのも変ですが、この家が大好きなんです。どんなに仕事が忙しくても、家に帰ってくると疲れが吹き飛んでしまうくらい(笑)」と、満面の笑みで話してくれました。

充実の暮らしから、さらに趣味が深まり広がっていきそうですが、最後に今後やってみたいことについて伺うと、旦那さまから意外な答えが!
「実は近々、階段に面したLDKの壁紙を替えてみようかと思っているんです。この家を建てるプロセスそのものが本当に楽しくて、もう一度、あの楽しさを体験したい。今は落ち着きのあるグレーの壁紙ですが、今考えているのが、ブルックリン風のブリックタイルにすること!」
壁紙が変わると、部屋の印象もグッと変わるはず!持ち前のセンスにより、Y様邸がどのような表情を見せるのか、今後の変化が楽しみです。

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはお近くの相談窓口まで。

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています