戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

この記事をシェアする

CHUMS,チャムス

夏の夜はスカイバルコニーで夕涼み。プチ縁日で盛り上がろう!

バルコニックライフ #003 -CHUMS編-

自宅の屋外スペースで気軽にアウトドアを楽しめるアイデアを提案、 “新たな家時間の楽しみ⽅”が満載の企画「BALCONIC LIFE」。3回目となる今回も、人気ブランドの「CHUMS(チャムス)」とタッグを組んで、アウトドアアイテムを活用しスカイバルコニーを縁日会場にチェンジ! 子どもはもちろん大人も楽しい、お家で手軽に縁日気分を味わえる遊びのヒントをご紹介します。

アメリカ発のアパレルブランド、チャムス。ファミリーで楽しめるウエアだけでなく、ここ数年は特にキャンプアイテムが充実。テントからクーラーボックス、テーブル、チェア、食器、遊び道具にいたるまで気になるアイテムがたくさん。今回はそんなチャムスのアイテムの中から、夕涼みにぴったりのアイテムと活用方法をご紹介。ちょっとした工夫でアウトドアアイテムが縁日仕様に!

アウトドアグッズを使った縁日ごっこでワクワク!

普段は家の中で過ごすことの多い夕方の時間帯ですが、今日は特別。
日が暮れる直前、バルコニーにアウトドアテーブル&チェア、クーラーボックス、アウトドアワゴン、LEDランタンなどキャンプ用アイテムを使いリビング空間をセッティング!

縁日気分を盛り上げるためバケツでラムネを冷やし、好きな屋台メニューを並べましょう!
最後に家族みんなで浴衣に着替えたらお祭りの始まりです。

より縁日っぽさを出すために、灯りにひと工夫。小さめのLEDライトに市販のちょうちんをシェードのように被せると雰囲気アップ!オリジナルちょうちんランタンの完成です。

壁に磁石型のLEDライトを付けると雰囲気もアップ!

壁に磁石型のLEDライトを付けると雰囲気もアップ!

LEDタイプのランタンやキャンドルライトは火を使わないので安心

LEDタイプのランタンやキャンドルライトは火を使わないので安心

壁には磁石型のLEDライトもセット。ポイントは光源が暖色系のモデルを選ぶこと。柔らかな光が雰囲気をアップしてくれます。アウトドア用のランタンもLEDタイプなら手間も掛からずラクチン!

灯りはいろいろな種類をミックスさせて使い、足元にもいくつか置いておきましょう。

子どもも大人も夢中になる! 手作りゲーム屋台

縁日と言えば、やっぱり子どもが喜ぶゲーム屋台は必須ですよね! 実は身近な日用品などを使って、簡単に再現することができるんです。

まずは空き缶に点数を書いた紙を貼って並べた、射的ならぬ空き缶当てゲーム。スーパーボールを投げて倒れた空き缶の点数を競います。台はアウトドアテーブルに布をかぶせただけ。高さを変えると難易度もおもしろさもアップしますよ。空き缶を10個、三角状に並べればボーリングゲームにも早変わり。

子どもに大人気のスーパーボールすくいゲームは、アウトドア用のフォールディングバケツに水を張り、スーパーボールを入れるだけで完成。すくい用の「ポイ」はインターネット通販で手軽に入手できます。上手にすくえるかな……?のぞき込んでいる大人の方が夢中になってしまうかも。

意外なことにクーラーボックスもここで大活躍。スーバーボールよりも大きい、ヨーヨーすくいには最適なサイズ。
スーパーボールすくいと同じように水を張って水風船を入れるだけ!おもちゃの釣り竿があるとさらに盛り上がります。

普段は食材などを入れるクーラーボックスですが、耐水性のある作りのものなら水を入れることができて、水抜き栓も付いてるので後片付けも簡単です!

チョコバナナにたこ焼き、気分を上げる屋台フードも楽しく簡単に!

縁日に欠かせないのが屋台フード。たこ焼き器を外に持ち出せば、いつもとひと味違う屋台気分が味わえます。定番のたこ焼きは子どもたちと一緒に作っても楽しそうですね!

ほかにもホットプレートに焼きそばやお好み焼きをのせて保温しておけば、アツアツのまま楽しめるのでおすすめ。さらに串に刺したバナナにチョコレートソースをかければ、子どもたちの大好きなチョコバナナのできあがり。

すぐ食べられて、縁日気分も味わえる、屋台フードのアイデア。もちろん飲み物はラムネで決まりです!

子どもたちがお腹いっぱいになって遊びの時間になったら、大人はのんびりタイムの始まりです。グラスにとっておきのお酒を注いで乾杯!家だから帰る時間を気にせずに楽しめるのがいいですよね。
柔らかい光で作られる幻想的な雰囲気の中なら会話もより弾みます ♪

アウトドアアイテムの使い方をちょっと工夫するだけで想像以上に簡単に楽しめる、家で楽しむプチ縁日。
天気のいい日は夕暮れどきを合図にアウトドアテーブル&チェア、ランタンを出してお祭り気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

special thanks
special thanks
1983 年、アメリカのユタ州にてリバーガイドをしていた創業者がサングラスを落とさないよう「オリジナルリテイナー」(メガネホルダー)を作ったことがきっかけで誕生したブランド。それから 38 年、ブランドのフラグシップモデルでもあるスウェット、ハリケーントップを始め、着心地にこだわったウエアからカラフルで使いやすいキャンプアイテムまで、チャムス は日々の生活の中に「こんなアイテムがあったらいいな」を形にし続けています。

【パパ】ハンテン¥19,580/永勘染工場×チャムス、シャツ¥10,890、ショーツ¥9,680、サンダル¥2,090/全てチャムス(チャムス 表参道店)

【インテリア】テーブル¥25,080、キャンバスチェア 各¥9,680、チェア(赤) 各¥10.780、ディッシュセット¥19,580、カトラリー(シルバー)各¥2,090、フォールディングワゴン¥15,180、クーラーボックス¥26,180、バケツ (14L)¥4,180、(30L)¥6,380、ガーランド 各¥1,980、/すべてチャムス(チャムス 表参道店)、ワイングラス(2個セット)¥3300/GSI

【問い合わせ】チャムス 表参道店 TEL03-6418-4834、エイアンドエフ TEL03-3209-7575、スター商事 TEL03-3805-2651



こんな記事も読まれています