LIFE LABEL Magazine

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

+BOXでトレーニングジム
つくっちゃいました!

♯022 愛媛県I様

ランニングや釣り、自転車など、アクティブで多彩な趣味を持つI様。ZERO-CUBE+BOXをカスタマイズして手に入れた空間は、なんと旦那さんが長年憧れていたトレーニングジム!これまで見たことのない、+BOXの新たなる可能性を見出した唯一無二の空間は必見です!

惹かれたのは究極にシンプルなフォルム。

 マイホームについて本気で考え始めたのは、新婚旅行を終えた一昨年の秋頃。当時暮らしていた賃貸住宅からそろそろ引っ越しを…とふたりで話し合っていたときに、妻が偶然FacebookでZERO-CUBEを見つけて、「デザインが可愛いから見に行ってみようよ!」と半ば強引に誘われました(笑)。松山市にあるモデルハウスまで足を運ぶことになったのですが、実は新築を希望する妻に対して、僕は中古住宅のリノベーションを希望していたんです。リノベーションの方が自由度が高そうだったので、自分の理想を映した家づくりができるかな、と。だけどZERO-CUBEを実際に見て、そのオシャレな世界観に「新築はどれも同じ…」という先入観がすぐに払拭できました。住まいのディティールへのこだわりに対する、コストパフォーマンスの良さにもすごく驚きましたね。

家の中で一番落ち着く場所。

家の中で一番落ち着く場所。

お気に入りのunicoのシェルフ。

お気に入りのunicoのシェルフ。

マイホームの夢、トレーニングジム誕生!

 僕は昔から、釣りやロードバイク、ランニングなど、アウトドアが大好きなんですが、これまでの賃貸では収納スペースが不十分で、リビングに自転車、冷蔵庫の横には釣竿…といった具合に、家の中がかなりごちゃごちゃしていました。だからZERO-CUBEを建てるときは、自転車を壁にかけられるようにしたり、玄関のスペースを広めにとって釣竿を並べたりと、“見せる収納”ができるように工夫しました。インテリアの一部のように綺麗に並んだアイテムを見ていると、また新しいものが欲しくなってしまいますね(笑)。
 それから、念願のマイホームだからこそ、どうしても叶えたい夢がありました。それは自宅にトレーニングジムを持つこと。これまで毎週欠かさず行ってきた筋トレを自宅でできないかと思ったんです。そこで通常は畳の空間である+BOXを、なんとかして改造できませんかと無理を承知でお願いしました。今は週に数回、子どもを寝かせた後に部屋に篭って黙々とトレーニングをしています。妻は呆れていますが、おかげで家で過ごす時間が増えました。

リビングから見えるのは・・・

リビングから見えるのは・・・

念願のトレーニングジム!

念願のトレーニングジム!

カフェよりも寛げるリビングで、ゆるやかなひとときを。

 ZERO-CUBEで過ごす毎日は、穏やかで心地よい時間が流れています。我が家はあえてリビングにテーブルを置かないことで、子供が自由に遊べるスペースが生まれました。友人を家に招待する機会も増えました。妻も「ママ友とカフェに行くより、ZERO-CUBEでおうちカフェするほうが気を使わずに楽しめる」と嬉しそうです。
 今後は、ガーデニングや家庭菜園にも挑戦したいですね。先日、ブルーベリーの苗を購入したので、まずはそれから。子どもも成長するので、ウッドデッキでも遊べるように手すりや柵も付けないと!マイホームが完成してすぐに子育てがスタートしたので、子どもの成長とZERO-CUBEの暮らしが、日々、つながっていることを実感しています。家族の暮らしとともに、住まい方も変化していくと思いますので、どんなライフスタイルになるのか今からワクワクしますね。子どもと一緒にトレーニングする日が来ることも楽しみにしています!

広々としたリビング。

広々としたリビング。

玄関もアレンジを加えて釣竿収納スペースに。

玄関もアレンジを加えて釣竿収納スペースに。

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています