LIFE LABEL Magazine

戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

ワイドなキッチンが主役の、日当たり良好ZERO-CUBE。

#044 福岡県Y様

「モデルハウスとは一味違うマイホームにしたかった」と語るY様。実は、お友達の家でZERO-CUBEと運命の出会いをしたのがきっかけなのだそう。ご自慢のワイドなキッチン、リビングにつながる土間など、住まいのこだわりやユニークなアイデアをたっぷり語ってもらいました。

友人の家で……ZERO-CUBEと運命の出会い。

キッチン横のダイニングテーブルは、家族の憩いの場所

キッチン横のダイニングテーブルは、家族の憩いの場所

室内はインダストリアルテイストの家具でトーンを統一

室内はインダストリアルテイストの家具でトーンを統一

私は新潟県出身で、主人の地元が福岡県。子どもが生まれたのをきっかけに東京から引っ越し、主人の生まれ故郷である朝倉市の賃貸アパートに住んでいました。子どもがまだ幼いので、部屋を元気に走り回るのですが、騒音が気になって……。「そろそろマイホームが欲しいね」と考え始めたのですが、新築マンションでは周囲に気を遣うから、やっぱり戸建がいいなと意見が一致しました。そんなとき、近所の友人が自宅で「Maison Carre」というショップを始めると聞いて。訪ねてみると、それがZERO-CUBEだったんです。

お天気のいい日は、ウッドデッキでお子様と遊ぶことも

お天気のいい日は、ウッドデッキでお子様と遊ぶことも

外観はシンプルで真四角なものが良いと考えていたので、まさにイメージ通り! ZERO-CUBEに一目惚れしたのですが、せっかくなので、他のラインアップも見てみようと、ZERO-CUBE WAREHOUSEZERO-CUBE KAIのモデルハウスも見に行きました。

最終的にはZERO-CUBEに決めましたが、ZERO-CUBE WAREHOUSEのインダストリアルな雰囲気はカッコよかったですね。モデルハウス見学のときに感じた、クールなエッセンスもたくさん取り入れました。

暮らしの中心に、愛着あるキッチンを。

奥様の一番のお気に入りという、ワイドなキッチン

奥様の一番のお気に入りという、ワイドなキッチン

キッチン後ろの棚は奥様がDIYしたもの

キッチン後ろの棚は奥様がDIYしたもの

一番のお気に入りは、ワイドなキッチン。その隣にダイニングテーブルをつなげたのは、私のこだわりです。ここで料理を作ったり、食事をしたり、編み物をしたり……。キッチンの後ろの造作棚もDIYしたんです。

キッチンにいる時間が長いので、居心地のよい場所にできて本当によかったなと思います。玄関、リビング、キッチンがひと続きになっていて、日当たりも良いので、開放的な気持ちになれて。私たちの家を手掛けてくれた大工さんにも「印象が変わってなんだか広く感じるね」と驚かれました。

玄関を開けると広がる、開放感あふれるリビングダイニング

玄関を開けると広がる、開放感あふれるリビングダイニング

広い土間は子育てにも大活躍

広い土間は子育てにも大活躍

土間にはCRASH GATEのテレビボードを大胆に配置しています

土間にはCRASH GATEのテレビボードを大胆に配置しています

玄関ドアを開けると広がる土間も、こだわりのひとつです。玄関スペースと部屋を区切らずに、緩やかにつなげる中間領域があるといいなと思いました。宅配業者の方は皆さん、びっくりされますけどね(笑)。

子どもが遊んで泥んこになって帰ってきても、汚れた靴や服をここで脱がせられるので便利ですよ。土間にテレビを置くという冒険ができたのは、CRASH GATEの家具のおかげ。たくさん引き出しがついたテレビボードが土間にぴったり合ったので、テンションが上がりましたね。

住まいのテーマは「攻めすぎない」大人コーデ。

ランドリースペースの床は、遊び心を取り入れつつ大人っぽい色合いに

ランドリースペースの床は、遊び心を取り入れつつ大人っぽい色合いに

ネイビーのアクセントウォールが印象的な子供部屋

ネイビーのアクセントウォールが印象的な子供部屋

ダークブラウンの床に合わせて、飽きの来ないインテリアを選んでいるのだそう

ダークブラウンの床に合わせて、飽きの来ないインテリアを選んでいるのだそう

新築とはいえ、床や壁をいかにもツヤツヤでピカピカにしたくなくて……。

ランドリースペースの床材も、デザイン性がありながら、落ち着いているものを探しました。建具や各居室のクロスも、夫婦のテーマは「攻めすぎない」(笑)。長い目で見て、飽きのこないものをチョイスしています。インテリアも、ダークブラウンの床に合わせてコーディネートしました。

明るい光が降り注ぐリビングが家族のメインスペース

明るい光が降り注ぐリビングが家族のメインスペース

暮らしはじめて半年近くが経ちますが、風通しも良いし、光のたくさん入るリビングが家族のメインスペースになっています。そういえば、子どもに「走らないで」って怒らなくなりましたから、いちばん喜んでいるのは息子かも知れませんね(笑)。

実は、今年の秋には娘が生まれます。下の子が生まれたら、和室でお世話するのかなぁとか、ミシンを置いて子どもたちの服を作りたいとか、家族が増えるので、将来的には2階の部屋の使い方も変わるかも……なんて。そんなことを色々と想像しながら、ZERO-CUBEライフを楽しんでいます。

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはお近くの相談窓口まで。

LIFE LABEL MAGAZINE

この記事をシェアする

こんな記事も読まれています