LIFE LABEL Magazine

戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

海辺の街に映える、オリジナルZERO-CUBE。

#065 石川県F様

石川県で暮らすF様一家。上の息子さんが小学校に入学するタイミングに合わせてご主人の地元である海岸沿いにある住宅地へと引っ越してきたそうです。「この土地にZERO-CUBE MALIBUを建てて本当によかった!」と話すF様一家の、こだわりの住まいをのぞかせてもらいましょう。

「広くて、天井が高いこと」にこだわる、ご主人のある想い

F様一家がZERO-CUBEを知ったきっかけは、お友達がZERO-CUBEを建てて、暮らしのインタビューに掲載されたことだとか。

「はじめて見たときから、“こんな家に住めたら素敵だな”と思っていました。四角い感じのデザインがとっても私好みで!」と話すのは奥様。
家を建てることが決まったときも、真っ先にZERO-CUBEを思い浮かべたのだそう。

しかし、奥様にとっては理想の家でも、ご主人には1つだけ気になる点がありました。
「僕は、家を建てるなら家族が “もっとここで過ごしたい” とか “早く家に帰りたい” と思ってくれるような、とにかく開放的でゆったりできる空間にしたいと考えていました。でも、ZERO-CUBEはどちらかと言えばシンプルな空間という印象が強く、自分の理想とは違うのかな?と感じていたんです。」

そこで担当の取扱店に提案してもらったのが、ウッドデッキへつながる大開口や吹き抜けの大きな窓が特徴的な『ZERO-CUBE MALIBU』。
いざ見学してみると、ご主人が抱いていたイメージとは大違い。
「これならゆったりと過ごせるし、なにより自分たちが暮らす海岸沿いの街にもピッタリだろうとすぐに思いました!」とご主人は振り返ります。
とことん開放感にこだわるご主人。そこにはもうひとつ意外なワケがあるそうで……!

「これは決して自慢じゃないんですけど……僕、けっこう身長が高いんですよね。だから、つい天井の高さとかが気になっちゃって。」と、ポツリ。
なるほど、とっても羨ましい悩みです(笑)。

海岸沿いの街によく似合う、西海岸テイスト

F様のお家の特長は、真っ白な外壁。車なら2分程で海岸に辿りつくという、この街によく似合っています。

本来、ZERO-CUBEMALIBUといえば、黒の外壁が特徴。白い理由を聞いてみると、
「この辺りの地域は条例の関係で暗い色味の家が建てられないんですよ。そこで思い切って真反対の白に決めました。うちは壁紙も天井も白色なので、色を統一した方がもっと広々とした印象になると思って。汚れや掃除に対する心配もありましたが、完成して2年半が経った今も、めちゃくちゃキレイですね。」と、ご主人。

家の前の道路沿いに続く街灯の色合いとも相性バッチリで、夜、帰宅するたびに「かっこいいじゃん!」「やっぱり白で正解!」と実感するのだとか。

奥様も「掃除がいらないから超ラクチン♪」と、とても満足そうです。

素敵なのは外観だけではありません。リビングをのぞかせてもらうと、そこにも夫婦のこだわりがたくさん見えてきます。

吹き抜けの天井の位置を標準よりも高くし、リビングとキッチンの間にある垂壁をあえて外したことで、背の高いご主人でものびのびと過ごせる空間に。天井からハンモックを吊しても、十分くつろげるスペースになっています。
「子どもたちは毎日このハンモックで遊んでいますね。親子で一緒に乗れるのでスキンシップにもなっているんです」と奥様。

庭を見渡せる大開口の窓は、家の中に気持ちいい風を送り込んでくるそう。

「窓から直接ウッドデッキに出られるんですよ。この導線のよさも私たちのお気に入りポイント。天気のいい日は近所の人を誘ってBBQをしていますね。窓を解放して、キッチンと庭を行き来できるからとっても便利で。今の時期は特に最高ですよ!」

また、最近は夕暮れになると車で海へ出かけ、夕日が沈むのを眺めるという新たな楽しみ方も。以前は、家族でBBQをしたり海に行ったりするのは夏休みなどの限定的なイベントでしたが、この家に暮らしはじめて、少しずつ家族のライフスタイルも変化しているようです。

新しい暮らしに欠かせなかった、奥様の「特別な1部屋」

F様一家の新しい暮らしに欠かせないもうひとつのこだわりポイントが、特別仕様で追加した1部屋。Welcomeボードで迎えてくれるこの部屋には、居住スペースではなく、奥様が運営するエステサロン「color」があります。

「以前は、他のサロンでエステティシャンとして働いていました。引っ越しを機に、思い切って自分のお店を持とう!と決めて、この部屋をつくってもらったんです。」と奥様。

店名の由来は「人それぞれいろんなカラーがある、十人十色、一人一人に寄り添っていろんな人たちのお手伝いをしたい」という想いから。その評判を聞きつけて、県内各地からもお客様が足を運んでくれるそうです。

子育てに、仕事に、新しい暮らしに……と充実した日々を過ごすF様ご夫婦。最近は、息子さんがサッカークラブに所属していることもあり、週末になると娘さんを連れて応援に行くことも多いのだとか。

子どもたちの成長に合わせて少しずつやりたいことも増えているようで、「庭に大きなガレージがあったらいいなあ」とご主人。
奥様は「せっかく広い庭があるんだから、家庭菜園をやってもいいかも。でもまずは、虫嫌いを克服しないと(笑)」とのこと。

忙しい日々の中でも、やりたいことが次々と思い浮かぶのは、今が幸せな証拠なのかもしれません。F様一家の暮らしは、これからますます楽しくなりそうです!

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはお近くの相談窓口まで。

こんな記事も読まれています