戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

家族の時間を大切に、今も未来もずっと楽しい家づくり!

#097神奈川県K様

「私たち夫婦は海が身近にある環境で育ったので、子どもも同じような環境で育てたかったんです」と、海の近くにZERO-CUBE MALIBUを建てたK様ご夫婦。ウッデッキが開放的なお宅にお邪魔し、お話を聞いてみると、そこには子どもの未来を見据えた家づくりがありました。

家族の未来を考えた、リビング階段と子ども部屋。

お二人そろって海が近くにある環境に育ったK様ご夫婦。戸建てを考え始めた当初から「新居は海の近くに」と決めており、注文住宅も視野に入れながら多くの住宅展示場を巡り、出会ったのがZERO-CUBE MALIBUだったそう。
「妻も僕も優柔不断な性格。いろいろな住宅を見て回っているうちに、どんな家を建てるのが正解なのか、わからなくなってしまって(笑)。でも、モデルハウスを見学したときに『僕たちが求めていたのは、こんな家だったんだ』と思えたんです。」
奥さまも、「リビング階段に一目惚れしました!2階に上がるには必ずリビングを通ります。子どもが大きくなって思春期を迎えても、家族が顔を合わせる時間を減らさずにいられると思って。」と決め手を教えてくれました。

今は子ども部屋よりもリビングで遊ぶ時間の方が多いお子さん。子どもの玩具やアイテムが増えると、部屋がどうしても散らかりがちになってしまいますが、ご夫婦は木製ラックやビビッドな色のコンテナを使いながら上手に玩具を収納!この収納家具たちが、ヘリンボーンとライトブルーの壁が爽やかな空間に、アクセントをプラスしています。

乗り物に夢中のお子さん。

乗り物に夢中のお子さん。

実は2階の子ども部屋にも、未来のための仕掛けがあります。それは二人目のお子さんが生まれたときに備え、一部屋を2つに仕切れるようにしたこと。
そして奥さまは現在、二人目のお子さんを妊娠中。お子さんたちがリビングで遊ぶ時間も、子ども部屋で過ごす時間も、さらににぎやかになり、家族の時間がより充実しそうですね♪

料理もコレクションも!キッチンは夫婦の趣味の場所。

家族の幸せに満ちたK様邸のなかでも、ご夫婦の趣味が詰まっているのがキッチンです。というのも、旦那さまの前職は料理人。魚を丸々一匹さばけるほどの腕前だとか!
「普段の料理は妻任せですが、新鮮な魚が手に入ったときは僕の出番。この前は大物のカンパチが手に入ったので、友だちを招いてホームパーティーをしたんです。結果は、ありがたいことに大好評。大きな魚が一瞬にしてなくなりました(笑)。」
さすがは海の近くに住むK様。近所には魚市場もあるというから羨ましい限り。朝のお散歩がてら市場へ出かけ、ご夫婦二人でキッチンに立つことも多いそうです。

旦那さまが集めているミニカーのコレクション。

旦那さまが集めているミニカーのコレクション。

さらにキッチン周りは、ご夫婦にとってのディスプレイスペースとしても活躍中。カウンターに飾られたミニカーは旦那さまのコレクション。
「今、飾っているのは、コレクションのほんの⼀部なんです。2歳の息⼦はミニカーに興味津々。壊されると困るので、今は控えめに数台だけを飾っています(笑)。」

思い出の写真やご夫婦のコレクションが並びます。

思い出の写真やご夫婦のコレクションが並びます。

奥さまが集めているスターバックスのマグカップ。

奥さまが集めているスターバックスのマグカップ。

一方、キッチン横の飾り棚に並んだスターバックスのマグカップは奥さまのコレクション。ディスプレイを担当するのは旦那さま。コレクションに新しいマグカップが仲間⼊りするたび、こだわり派の旦那さまがきれいに並び直してくれるそうです♪ 
「夫婦そろって収集癖があるんです(笑)。前に住んでいたのは⼿狭な賃貸で飾ろうにも場所がなく、ずっと段ボールにしまったまま。今の家に引っ越してようやく、きれいに並べることができました。ついつい眺めてはニヤニヤしてしまいます(笑)。」

ゆったり家族を見守れるウッドデッキは、現代風の縁側!

家族の未来を考えた家づくりをしていく中で、ご夫婦の心をとらえたのがウッドデッキだったそう。その理由もやはり、お子さんとの未来を思い浮かべたからこそ。
「特にお気に入りなのがウッドデッキです。田舎育ちの私たちからするとZERO-CUBE MALIBUのウッドデッキは、おしゃれな縁側のイメージ。私には縁側に座る両親に見守られながら庭で遊んだ思い出があるので、自分たちも同じような環境で子育てをしたくて。」

晴れた日には大好きなシャボン玉を。

晴れた日には大好きなシャボン玉を。

奥さまの言葉どおり、お子さんがのびのびと遊べる環境で子育てしたいと考えていたK様ご夫婦。お子さんが2歳になった今、お二人が思い描いたとおりの未来がそこにあるといいます。
「庭で洗車をするパパ、愛犬と一緒にかけっこをする息子の姿を眺めながら、ウッドデッキでボーッとする時間が好きなんです。本当に何気ない時間ですが、『家族の時間だなぁ』って、しみじみと思いますね(笑)。」

新しい家族と迎える、新しいお家時間への期待。

もうすぐ4人家族になる予定のK様ファミリー。そこで最後に、この家のこれからについてお聞きしました。
「二人目が生まれたら、さらに子ども中心の生活になりますよね。ミニカーのコレクションを存分に飾れる日は遠い気もしますが(笑)子どもの成長に合わせ、じっくりインテリアを充実させていこうと想います。」と旦那さま。
奥さまも「特に外構には、ほとんど手をつけられていなくて。私たち夫婦も子どもも自慢できる外構を作るため、今はリサーチの真っ最中。うちの周りにはZERO-CUBEのおうちが多いので、お散歩をしながら、おしゃれな門柱をチェックしているんです(笑)。」

外構の完成もインテリアの充実も、さらにはお子さんたちが成長し、旦那さまのミニカーがすべて飾られる日のことまで、ついつい想像が膨らみます。またぜひ、表情を変えたお宅を拝見させてくださいね♪

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはお近くの相談窓口まで。

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています