戸建ライフを愉しむスタイルマガジン

category
暮らしのインタビュー

この記事をシェアする

青空の下、楽器演奏にキャンプごっこ! 大好きな趣味を思いっきり楽しめる家。

#098千葉県S様

木製の外壁に、同じくウッド素材のブランコやサイクルスタンドが目印のS様邸。 広めのウッドデッキがあり、ドッグランとしても活用できる庭のほか、 小さなお子さんとキャンプごっこが楽しめる開放感ある屋上など、充実した空間が魅力です。 今回は、そんな環境に自然と人が集まるというS様邸にお邪魔してきました。

木の温もりがそこかしこに感じられる、理想のお家。

今度引っ越しをするなら「植物を地植えできる戸建てがほしい」と考えていたS様ご夫妻。3匹の愛犬とともに住んでいたお二人は、息子さんの出産を機に子どもも愛犬ものびのび過ごせる今の環境へ引っ越すことを決めました。木の温もりを感じられる家を建てたいと希望している旦那さまのために、奥さまが「これだ!」と感じてすすめたのが、ZERO-CUBE TOOLSだったそう。旦那さまも同様に、外壁はもちろん、玄関やリビング、キッチンの有孔ボードなど木材がふんだんに使われているところ、板張りの壁と縦格子で囲まれた開放的な屋上空間に惹かれて即決。

庭の柵も木材で統一

庭の柵も木材で統一

階段にはアレンジが無限大の有孔ボード

階段にはアレンジが無限大の有孔ボード

レッドシダーの外壁も特徴のひとつですが、リビングの天井もまた木目が印象的なS様邸。
「室内にいて木の温もりが感じられる家がよかったんです。外はもちろん家の中も木に囲まれている感じがとても気に入っています。」と旦那さま。ダイニングテーブルは前の家で使っていたものですが、今の家になじむように、ワックスを塗ったり、あえてちょっとキズをつけて味を出したりとひと工夫しています。

趣味の音楽とインテリアを存分に楽しむ。

S様邸には部屋のところどころに珍しい民族楽器がディスプレイされています。実は旦那さまは音楽好きでフェスも大好き。特にキャンプインフェスがお気に入りで、地元に住んでいたときは週末になると楽器を車に積み込んでキャンプに行っていたそう。
「キャンプ仲間と民族楽器を持ち寄って、思いっきり演奏するんです。すると、人がどんどん集まってきて仲間が増えて……みたいなキャンプを楽しんでいました。こちらに引っ越してきてからはまだ子どもとキャンプは行けていないのですが、屋上にコットテントを出してキャンプごっこをしたり、楽器を持ち出して演奏したり。マンションに住んでいた時はしまい込んでいた楽器を気兼ねなく楽しめるのが嬉しいです。」

仕事部屋や子ども部屋にも民族楽器が

仕事部屋や子ども部屋にも民族楽器が

また旦那さまのお仕事は現在テレワークが中心だそうで、お昼ご飯や休憩時には必ず屋上に行ってリフレッシュするのだそう。コーヒーを飲みながら一息ついたり、晴れた日には屋上で家族と食事をしたりと、いい感じでオンオフの切り替えができる大切な場所になっているんだとか。

旦那さま手作りのドライフラワー

旦那さま手作りのドライフラワー

お気に入りの観葉植物と民族楽器

お気に入りの観葉植物と民族楽器

そんなS様のお家のインテリアはインテリア好きな旦那さまが主導。旦那さまのご実家は建築関係の仕事をしており、幼い頃から木が身近にあり自然に触れる機会が多かったので、暮らしの中に植物が欠かせない存在になったそう。そのため、室内のいろいろな場所に植物が飾られていました。
観葉植物は天井から吊るし、目線より高い位置にディスプレイされているので、自然と目に入ってきます。ほかにも、玄関の有孔ボードに飾られているドライフラワーは、すべて旦那さまが手作りしたもの!
「ZERO-CUBE TOOLSのモデルハウスに行った時に、有弘ボードにドライフラワーが飾られていたのが印象的で、自分の家にも飾ろう!とずっと思っていました。」と笑顔で話してくれた旦那さま。

子どもと愛犬がのびのびと遊べる空間。

一方の奥さまは無類の愛犬家。遊びたい盛りの息子さんと一緒に、庭で愛犬3匹とたわむれる日々がなにより楽しいといいます。
「私自身は子どもと愛犬が不自由なく、ご機嫌に過ごせる空間であることが一番でした。なので、いまのお家は大満足! パパがインテリア好きなので任せておけばいい感じになるし、言うことなしです(笑)」。

お子さんと愛犬たちは大の仲良し。左からラニ、キラ、リロ。

お子さんと愛犬たちは大の仲良し。左からラニ、キラ、リロ。

家の中にも愛犬たちのアイテムが。

家の中にも愛犬たちのアイテムが。

人工芝を敷きつめた庭で奥さまに甘えている3匹はみな同じ犬種ですが、性格がまったく違うので旦那さまと奥さまはいつもてんやわんや。「3匹とは結婚前から一緒で、この子達のいない生活は考えられませんでした。うち2匹は福岡、静岡と、それぞれブリーダーさんのところに迎えにいって譲ってもらったんです。」無邪気な動きが本当にかわいい!

お子さんお気に入りの子ども部屋。

お子さんお気に入りの子ども部屋。

また、奥様は忙しい日々の中でも、息子さんの日々のコーディネートを撮影してInstagramにアップするのが日課。その写真がきっかけでウェブメディアのエディターとして参加することが決まったそう。ほかにもお家のインテリアでも紹介したいことがたくさんあるとのことで、今後の発信が楽しみです!
「パパはインテリアにはこだわるのに服にはこだわりがないので(笑)、私がお気に入りのブランドで家族全員分コーディネートしているんですよ!」家族3人のさりげないリンクコーデもお家の素敵な雰囲気を形作るエッセンスのひとつになっている様子。

ご近所さんも自然と集まる、居心地のいい家。

ご近所さんとのお付き合いも良好で、「Sさんが引っ越してきたことで、この辺りが明るい雰囲気になった」と言われることもあるのだそう。
「特に約束していない日でも、庭いじりをしたり子どもや犬たちと遊んでいると、いつの間にかご近所さんも集まっていることが多いです」と旦那さま。
奥さまも「子どもの年齢が同じくらいということもあって、遊ぶのはもちろん忙しい時は預かってもらったり、本当に助かっています」と理想的な環境でうらやましいかぎり!

ご夫婦ともに好きなコーヒーとお酒をゆっくり楽しむ時間も増えたりと、遠出をしなくても、家で過ごす時間がとても充実しているというS様ファミリー。さらに旦那さまは地植えの植栽をもう少し増やしていきたいと考えているそう。今後の外壁や植栽、天井や床の経年変化も楽しみですね。

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはお近くの相談窓口まで。

LIFE LABEL MAGAZINE

こんな記事も読まれています