LIFE LABEL Hello, new fun. LIFE LABEL Hello, new fun. LIFE LABEL Facebook Facebook Pinterest YouTube Instagram Instagram Twitter Twitter hatena Feed
MY FAVORITE THINGS|小田原 愛美・島津 冬樹・山田 昭一―SPRING vol.02―
INTERIOR 2022.04.08

MY FAVORITE THINGS|小田原 愛美・島津 冬樹・山田 昭一―SPRING vol.02―

LIFE LABEL magazine出演者たちの“お気に入り”を紹介する連載企画。今回は、イラストレーターの小田原 愛美さん、段ボールピッカーとして活動する島津 冬樹さん、people showroom代表の山田 昭一さんが登場。日々クリエイティブ制作に携わる3名の愛用品は、かなり気になるところだ。

小田原 愛美(イラストレーター)|フィアット500X

小田原さんが紹介してくれたのは、昨年10月に購入したばかりだというマイカー。FIAT(フィアット)の名車・フィアット500のデザインとモチーフを受け継ぐSUV車“フィアット500X”だ。
「イベントではたくさん荷物を積むのですごく助かってる。この前大阪で開催した個展でも、この車いっぱいに作品を乗せて遠距離ドライブしました」。カラーは味わい深いテクノグリーン。小田原さん宅の色鮮やかなインテリアを思い出しても自然とリンクするような、彼女らしいチョイスが窺える。

INFORMATION
>>この出演者の記事を見る
>>この出演者の記事を見る
【ポップアートに囲まれて。アートな人のアートな部屋事情】 アートな人が部屋にアートを飾ったら、どんな空間になるのだろう。そんな疑問から、イラストレーターとして活躍する小田原愛美さんの自宅を訪ねてみた。

島津 冬樹(段ボールピッカー)|PROTEX スーツケース

自衛隊や海上保安庁でも使用されるという、タフさが魅力のスーツケース。島津さんのダンボール収集の旅には欠かせない存在だという。「これまで30カ国以上、いろんな国でダンボールと出会ってはこのケースに収納して旅をしてきました」
南アフリカにエチオピア、モロッコ、中国など。ボディに貼られたさまざまな言語のステッカーが、渡り歩いた国の数を物語っている。

INFORMATION
>>この出演者の記事を見る
>>この出演者の記事を見る
【“工作”によりゴミが宝物に。ダンボール財布の奇跡。】 使い古しのダンボールを材料にして財布やかばんを生み出す島津冬樹さんに、“ちょっとした奇跡”の話を聞いた。

山田 昭一(people showroom 代表)|スリーピングバッグ

近年、アウトドア市場はミリタリーを意識したアースカラーのアイテムがトレンドになっているが、山田さんが愛用するNANGA×CAL O LINEのスリーピングバッグは、世間のムードとは真逆をいく“イロモノ”だ。
「チェアとかも、赤や黄色などを使っていて。というのも、アウトドアギアってもちろん機能が全てだと思うですけど、洋服と一緒でもっとファッションとしても楽しめたらいいなと思っているんです。このシュラフには、そんなコンセプトが感じられ、サイトレイアウトが寂しいなって時に活用しています」

INFORMATION
>>この出演者の記事を見る
>>この出演者の記事を見る
【アウトドア仕様のクルマと、好きに囲まれた平穏な日常】 アウトドア業界の第一線で活躍する山田昭一さんの「家」と「クルマ(愛車)」の関係性と、それぞれの“モノ選び”の基準を伺います。
LL MAGAZINE